Premiere Pro CCベーシック

MacのAVCHDフォルダーについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AVCHD形式のハイビジョン映像が保存されている「AVCHD」ボルダーですが、フォルダーを開くには、通常とフォルダーと異なる操作が必要です。操作方法についてご紹介します。
講師:
04:36

字幕

このレッスンでは Mac 版の Adobe Premiere Pro CC で ビデオ編集を行う時 AVCHD 形式のデータを扱う際の 注意点について解説いたします。 Mac 版の Adobe Premiere Pro CC でも Windows 版と同様に ビデオカメラからダイレクトに 映像ファイルを読み込んで 編集をするのではなく、 一度ビデオカメラ内の映像データを Mac のハードディスク上にコピーし コピーしたそのデータを Premiere に読み込んで 編集を行うようにいたします。 この時若干の注意が必要です。 ビデオカメラを Mac に接続すると ご覧のようにリムーバブルサイトの ドライブとして認識されるのですが このドライブを開くと ご覧のように中に記録されている データが表示されます。 この時よくご覧頂きたいのですが、 AVCHD というフォルダですけれども フォルダの形ではなくて Quick Time のファイルアイコンの形で 表示されています。 従ってこのままアイコンをダブルクリック しても、フォルダを開くことができません。 このアイコンの形をしたフォルダを Mac のハードディスク上に コピーするのですけれども Windows の時と同様にこのアイコンを ハードディスク上に ドラッグ・アンド・ドロップします。 ドラッグ・アンド・ドロップすることで コピーすることができます。 ハードディスク上にコピーしたデータを Premiere Pro に読み込む時の 注意なんですが Windows 版の時と同様に プロジェクトパネルを 読み込むことになります。 読み込み方法も Windows 版の時と 同様なんですけれども プロジェクトパネルの何もない所で 右クリックしてメニューを表示し 例えば「読み込み...」を選択します。 読み込みを選択すると 「読み込み」ウインドウが表示されます。 ここでハードディスク上にコピーした AVCHD という フォルダではなくて アイコンの形をしたデータを選択し データを選択したら 「読み込み...」ボタンをクリックします。 データの読み込みが 開始されるんですけれども この時 AVCHD 関連の データファイルも読み込もうとして エラーメッセージが 表示されることがあります。 この場合全く問題がないので ファイル読み込みの OK ボタンをクリックして 読み込みを継続します。 Premiere に読み込まれた ファイルの形をしたアイコンですけれども Premiere に読み込まれると きちんとフォルダの形で表示されます。 このフォルダをダブルクリックすると 中に映像ファイルが保存されています。 ここで Quick Time のファイルアイコンの 形をしたフォルダの開き方について ちょっとご説明しておきます。 まずフォルダの開き方なんですけれども ダブルクリックしただけでは フォルダを開くことができません。 どのようにフォルダを開くかというと、 このファイルアイコンにマウスを合わせて 右クリックするか あるいはマウスを合わせて Ctrl+T を押しながら マウスをクリックします。 するとメニューが表示されます。 このメニューの中にある 「パッケージの内容を表示」を選択します。 これを選択すると フォルダを開くことができます。 AVCHD 形式のフォルダを開くと中に BDMV フォルダが保存されています。 この BDMV フォルダも AVCHD 同様に Quick Time のファイルアイコンで 表示されています。 従って開く時には右クリックあるいは Ctrl+T を押しながらクリックして メニューを表示し 「パッケージの内容を表示」を選択します。 BDMV を開くと今度はストリームフォルダが 表示されてきますけれども、 このストリームフォルダは 通常のフォルダの形で表示されています。 従ってこれでダブルクリックすると その中にある映像データを 表示することができます。 このレッスンでは Mac 版の Adobe Premiere Pro CC でビデオ編集を行う時 AVCHD 形式のデータを扱う際の 注意点について解説いたしました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。