Premiere Pro CCベーシック

新規にシーケンスを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adebe Premiere Pro CC で編集作業を行うために必要な、シーケンスの作成方法について解説いたします。Premiere Proで編集を行うには、シーケンスが大変重要です。シーケンスの何が重要で、どのように作成するのか、そのポイントについて解説いたします。
講師:
09:22

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC で 編集作業を行うために必要な シーケンスの作成方法について 解説致します。 Premiere Pro で編集を行うには シーケンスが大変重要です。 シーケンスの何が重要で どのように作成するのか そのポイントについて解説致します。 Adobe Premiere Pro CC では シーケンスというものを作成していないと 編集作業を開始することができません。 タイムラインパネルを見てみると 「シーケンスなし」という風に 表示されています。この状態ではまだ 編集ができないよということを Premiere Pro が伝えているわけです。 まずプロジェクトパネルに映像データを 読み込んでみましょう。 何もないところで右クリックするか あるいはダブルクリックして 読み込みウィンドウを表示します。 今回はこのようなサンプルデータを 読み込んでみます。 これはフォルダごと読み込みますので フォルダを選択して フォルダを読み込み ボタンをクリックします。 そうするとプロジェクトパネルに フォルダごとそっくり読み込まれます。 ダブルクリックして中を確認すると このような映像データが登録されています。 ここからシーケンスを 作っていくわけですけども シーケンス作りには いくつか方法があります。 ここではまず、シーケンスとは どのようなものなのかという事を 理解していただくために 最もオーソドックスな方法で 作成していきたいと思います。 オーソドックスな方法というのは これから自分がどのような シーケンスを作るのかというのを 確認しながら作っていくという方法です。 まず最初に行うのが、これから自分が どのような映像データを扱うのか という事を確認しておくことです。 映像データの確認というのは そのデータがどのような内容なのか という事を確認することなのですが 確認方法ですが bin を開いたら bin の中にある ビデオクリップ上で 右クリックしてみてください。 右クリックするとメニューが表示されます。 ここにあるプロパティ、これを選択します。 プロパティを選択すると、 今右クリックしたビデオクリップの 内容を確認することができます。 特に重要なのが この画像のサイズというやつです。 1920 × 1080 というフルハイビジョンの サイズになっています。 またもう一つ、ピクセル縦横比です。 1.0 になっています。 1 対 1 のピクセル縦横比 ということですね。 ピクセル縦横比というのは 映像データの最小単位である 画素、ピクセルなのですが、 これの比率が 1 対 1 いわゆる正方形で 作られているよということです。 プロパティを確認したら プロパティウィンドウを閉じます。 閉じるボタンをクリックして 閉じておきます。 また bin パネルも閉じておきます。 閉じるボタンをクリックして閉じます。 次に「新規シーケンス」 というウィンドウを表示して その中にあるシーケンスの プリセットを選択します。 新規シーケンスウィンドウは 「ファイルメニュー」 >「新規」 > 「シーケンス」 これを選択します。 すると新規シーケンスという ウィンドウが表示されます。 またウィンドウの中には いくつかタブがありますが この中のシーケンスプリセット というタブをアクティブにします。 アクティブでない場合は シーケンスプリセットタブをクリックして アクティブにしてください。 このシーケンスプリセットタブの中には 使用可能なプリセットという形で 多数のプリセットが用意されています。 今回利用するのは AVCHD という ハイビジョン形式の映像を 編集するためのプリセットになります。 AVCHD の三角マークをクリックすると さらにまたいくつかの カテゴリが表示されます。 カテゴリの中には それぞれプリセットが用意されていて この中から自分がこれから利用する ビデオクリップに適した プリセットを選択します。 シーケンスプリセットといのは シーケンスに必要な設定が 前もって全て行われている シーケンスということです。 Adobe さんが事前に様々な ファイル形式に応じたプリセットを 用意してくれているわけです。 この中から自分に適したものを 選ぶわけですが 最も一般的なフルハイビジョン 形式の映像データでは AVCHD の 1080i 、この中にある AVCHD の1080i30(60i) というのが 一番一般的です。 1080i とか 1080p という i とか p というのが ついていますけども、i というのは インターレースのことで p というのはプログレッシブのことです。 ここでは 1080i のその中にある AVCHD 1080i30 というのを選びます。 この 30 というのは フレームレートのことで 正確には 29.97 という フレームレートですけども ここでは 30 という風に 表記されています。 またその上ですけども 同じ AVCHD 1080i30(60i) ですけども アナモル...というものがあります。 これを選択してみると 設定内容が右側に表示されます。 ここではプリセットの説明 というのがありまして これはアナモルフィック 1920 × 1080 で作られた AVCHD 形式の 編集用ですよというのがあります。 こういった内容で作られている プリセットだよというのが確認できます。 これに対してこれから使う プリセットの説明は 同じく 1920 × 1080 だけども 正方形ピクセルだよという 非アナモルフィックになっています ということですね。 アナモルフィックというのはプリセットの 説明の所の下の方を見ると 下の方に「ピクセル縦横比」 というのがあります。 ここのピクセル縦横比 HD、ハイビジョンですね。 ハイビジョンのアナモルフィックで 1080(1.333)とあります。 この 1.333 というのはピクセルの縦横比が 1 対 1.333 ということですね。 これがどういうことかというと ピクセル正方形の場合に比べると 縦横比が 1.333 の場合は フレームサイズを小さくすることができる プリセットの説明の一番上の所に アナモルフィック 1920 × 1080 で 例という形で 1440 × 1080 という風に表示されています。 ようするに正方形のピクセルを アナモルフィックにすることによって 映像を記録する時には 1440 × 1080 で 映像を記録しているけど 表示する時には 1920 × 1080 で表示しますよ ということなんですね。 これがどういうことかというと ビデオカメラの中の 撮影モードなんですけども 長時間モードと標準、あるいは 高画質モードというのがあると思います。 この中の長時間モードで記録する時には ファイルサイズが大きくなってしまうので それを抑えるために ピクセルの縦横比を 1 対 1.333 にすることよって ファイルサイズを小さくすることが できるという特徴を持っています。 ここで自分が利用したい プリセットを選択して さらに下にある「シーケンス名」 というところで シーケンスの名前を 一応入力できるのですが 後からでもこれは変更できます。 ですのであえてここでは 設定しなくても結構です。 このまま OK ボタンをクリックします。 そうするとタイムラインの所に シーケンスというのが設定されます。 同時にプロジェクトパネルにも シーケンスが クリップの形で登録されます。 このシーケンスは閉じることができます。 タイムライン上にあるシーケンスのタブの所 名前の右側に × マークがあります。 これをクリックすると閉じることができます。 閉じるとシーケンスの無い状態に なってしまいますね。 この状態でプロジェクトパネルにある シーケンスをダブルクリックすると もう一度開くことができます。 これで編集する状態が 整ったということになります。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC で 編集作業を行うために必要なシーケンスの 作成方法について解説致しました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。