Premiere Pro CCベーシック

シーケンスへのクリップの配置とクリップの操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adebe Premiere Pro CC のプロジェクトパネルから、タイムラインのシーケンスにビデオクリップを配置する方法と、シーケンスに配置したクリップを移動・削除する方法について解説いたします。
講師:
10:02

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の プロジェクトパネルから タイムラインのシーケンスに ビデオクリップを配置する方法と シーケンスに配置したクリップを 移動、削除する方法について 解説いたします。 まずプロジェクトパネルの方ですけど ビデオクリップをフォルダーごと まず読み込んで置き、更に シーケンスを一本用意しておきます。 プロジェクトパネルに用意したシーケンスは タイムラインの方にも配置しておきます。 ここで、クリップを配置する前に シーケンスの名前を変更しておきましょう。 名前の変更は プロジェクトパネルにある「シーケンス」の シーケンス名の部分をクリックして下さい。 クリックすると 編集モードに切り替わります。 ここで名前を入力します。 名前がアルファベットでも構いませんし また、漢字・平仮名を使っても構いません。 例えば、 このように漢字で入れても構いません。 これで名前を入れて Return キーを押すと タイムラインにあったシーケンスの タブの所に表示されていた名前ですけど これが切り替わります。 シーケンスの名前の変更ができたら 続けてシーケンスに クリップを配置していきます。 ただ、このままのレイアウトでは ちょっと操作しづらいので パネルとパネルの間に マウスを合わせて、ドラッグして サイズを変更しておきます。 これぐらいかな 同様にタイムラインのも ちょっと伸ばしておきます。 これでビデオクリップの 保存されている bin を開きます。 今回は Ctrl キーを押しながら ダブルクリックして プロジェクトパネルと同じ場所に bin を開きます。 シーケンスへのクリップの配置は bin からビデオクリップの サムネイルをドラッグ&ドロップします。 例えば、ここにある1つ目のクリップを ここにドラッグ&ドロップ ドラッグ&ドロップする時には video1、V1 ですね。 それと Audio1、A1 というトラックに クリップが配置されるように ドラッグ&ドロップします。 クリップがシーケンスに配置されると 同時にプログラムモニターの方にも 映像が表示されます。 また、シーケンスにクリップを配置すると 配置されたクリップですけど bin の方を見てみると サムネイルの右下に このようなマークが表示されています。 このマークはシーケンスのタイムラインに 配置されてます、ということを示しています。 左側にあるのが ムービーのアイコンで 右側にあるのが オーディオのアイコンです。 尚シーケンスによる クリップの配置は 同じクリップを何個でも 並べることができます。 これ2個並べましたし これで3個並べてみました。 また不要になったクリップは 選択パネルの所にある 選択ツールを選んで そのままトラック上をドラッグして 不要なクリップを選択します。 クリップの選択ができたら Delete キーを押すか、あるいは クリップ上で右クリックして 「消去」を選択して下さい。 これで、クリップを削除できます。 また、複数のクリップを 配置したい場合には 例えば Shift キーを押しながら 選択して ドラッグ&ドロップすれば 複数のクリップを配置することができます。 要らなくなったものは また選択して削除します。 尚、クリップを配置する順番なんですけど 例えば今、1番、2番、3、4 というふうにクリップが並んでいるんですけど 例えば1番の次に4番を配置して その次に3番を配置して 2番を配置したい、というような時ですけど この場合にはまず 1番目を選んでから Ctrl キーを押して 次、4番目をクリックします。 Ctrl キーを押したまま 次に3番目をクリックして 2番目をクリックします。 この状態で Ctrl キーを放して そのまま選択されたクリップを シーケンス上にドラッグ&ドロップします。 ドラッグ&ドロップすると 1番、4番、3番、2番 というように 順番を入れ替えて並べることができます。 今 bin からドラッグ&ドロップで 配置しましたけど 手動ではなくて 自動的に配置する方法もあります。 まず要らなくなったクリップを ちょっと削除します。 同じように Ctrl キーを使って 1番のクリップ、4番、3番、2番 と選びます。 次に bin の右下にある ボタンが並んでいる所、この中から 「シーケンスへオート編集」 というボタンがありますので これを選択します。 これをクリックすると 「シーケンスへオート編集」という ダイアログが表示されます。 ここでまず確認しておくのが 「追加元」という部分です。 「追加元」の所 「選択順」を選択しておきます。 これ、下向き三角をクリックすると 「配置順」というのと「選択順」と どちらかが選べますけど ここでは「選択順」を選びます。 「配置順」というのは bin パネルに 並んでいる順番ということですので 1番、2番、3番 という風になります。 ここは「選択順」を選んでおきます。 次に確認しておくのが 追加先ですけど ここにある「クリップオーバーラップ」 30 フレームとありますけど これはトランジションという 機能を使った時に必要になってくる機能で 今の所は考えなくて結構です。 それともう1つ「トランジション」 という部分がありますけど、ここの所 「デフォルトのオーディオトランジションを 適用」というのと 「デフォルトの右のトランジションを 適用」という部分 この2つをチェックマークを オフにしておいきます。 トランジションについては まだ解説いたしませんので ここはオフにしておきます。 この状態で OK ボタンを押します。 OK ボタンを押すと 選択した順番に 1番、4番、3番、2番 という順番で クリップが配置されます。 次にクリップを追加して配置したい場合です。 とりあえず1番から4番、3番、2番 という風にクリップが並んでいますけど ここに別のクリップを 追加したいという場合 クリップを bin で選んで トラックの上に持ってきて ボタンを放すと 追加されるのですけど この場合、上書きされてしまいます。 上書きしてしまうと 下になっていた部分のクリップが このように無くなってしまいます。 ですので、追加する場合には 注意が必要です。 ちょっと操作を前に戻します。 Ctrl+Z キーを押しながら 元に戻していきます。 これが追加する前の状態ですね。 追加する時には クリップをドラッグ&ドロップする時に タイムライン上に持って来たら Ctrl キーを押します。 Ctrl キーを押すと このような白いラインが出てきます。 この状態で クリップを放すと このように、この挿入された 状態になります。 この操作方法はクリップを 追加する時だけじゃなくて クリップを移動させる時にも 要するにクリップの入れ替えですけど クリップの入れ替えでも有効です。 例えば今後ろにある、このクリップ これを前の方に持ってきて 入れ替えたいという場合 単純にドラッグしてきて ボタンを放すと 上書きになってしまいます。 ですので、これ元に戻していくと この部分、クリップは無くなってしまいます。 Ctrl+Z で操作を元に戻します。 これが操作する前ですね。 このクリップをここの部分に 入れて、入れ替えたいという場合には ドラッグしてきてボタンを放す時に Ctrl キーを押しながら ボタンを放します。 そうすると、挿入という形で 順番を入れ替えることができます。 以上のように、クリップを並べたり 入れ替えたりしながら 再生する順番を決めていきます。 シーケンスでのクリップの再生は 左端から右へと 順に再生されていきますので クリップを並べる時も 再生したい順番に 左から順に右へと並べていきます。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の プロジェクトパネルから タイムラインのシーケンスに ビデオクリップを配置する方法と シーケンスに配置したクリップを 移動、削除する方法について解説しました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。