Premiere Pro CCベーシック

マーカーを活用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adobe Premiere Pro CC のマーカーが備えている「オート編集」機能を利用して、マーカーを設定した位置に、クリップを自動的に配置する方法について解説します。
講師:
05:06

字幕

この レッスンでは Adobe Premiere Pro CC の マーカーが備えている オート編集機能を利用して マーカーを設定したい位置に 自動的にクリップを配置する 方法について解説します。 まずサンプル用のビデオクリップを フォルダーごと読み込んでおくのと そのクリップに適用したシーケンスを 1個用意しておきます。 クリップの保存されているビンを開きます。 Windows では Ctrl キーを押しながら ビンをダブルクリックすると プロジェクトパネルと同じ 位置に表示できます。 Mac では Command キーを押しながら ダブルクリックしてください。 次に、シーケンスの方を見て行きます。 シーケンスの中に何も無いんですけども ここに再生ヘッダがあります。 この再生ヘッダを動かしながら 一番左端の所で トラックヘッダ部分にボタンが並んでいて ここにも「マーカーを追加」という ボタンがあります。 このボタンをクリックします。 するとタイムラインルーラーの上に マーカーが設定されます。 同じようにプログラムモニターの方にも マーカーが設定されます。 更に再生ヘッダを移動して 適当な位置にまたマーカーを追加します。 更に適当な位置に マーカーを追加して行きます。 このようにマーカーを追加したら ビンの方で今度はクリップを選択します。 クリップを複数選択してください。 まず1個目を選択して Shift キーを押しながら 例えば1個、2個... 6個位選んじゃいます。 ビンの中でクリップを複数選択しておきます。 クリップの選択ができたら シーケンスの方の再生ヘッダを 頭の方に戻しておきます。 ビンでのクリップの選択とシーケンスの 方の再生ヘッダの準備が出来ました。 ここまで出来たら 今度はビンのパネルの下の所にある 「シーケンスへオート編集」という ボタンをクリックします。 これをクリックすると 「シーケンスへオート編集」という メニューが表示されます。 この中で「追加先シーケンス」のオプションで 「配置」の選択肢があります。 ここでデフォルトでは「一定に配置」と 設定されていますが ここの三角ボタンをクリックして 「番号なしマーカー」を選びます。 番号なしマーカーを選んだら そのまま「OK」ボタンをクリックしてください。 OKボタンをクリックすると マーカーを設定した位置から 順にそれぞれクリップが配置されます。 この時もう1つオプションがあります。 今の操作を Ctrl キーを押しながら Z キーで元に戻します。 もう1度「シーケンスへオート編集」ボタンを クリックして 今度は「番号なしマーカー」なんですが その下の「オプション」の所で 例えば「オーディオを無視」とか 「ビデオを無視」というのがあるので 「オーディオを無視」のチェックをオンにして 「OK」ボタンを押します。 そうすると先程はオーディオが きちんと配置されていたのですが 今度はオーディオが無い状態で ビデオだけで配置されます。 この機能なんですが 例えば一定間隔でクリップを 配置していきたい場合 例えばクリップを配置してから クリップをトリミングして 時間を調整して、更に又クリップを配置して トリミングして、という大変手間がかかるので この場合ですと このマーカーを利用すれば 一定間隔ごとに事前にマーカーを打って 事前にマーカーを設定しておいて あとからきちんと時間に合わせて トリミングされた形で配置されていくので これを使うとスピーディーに クリップを配置できるようになります。 尚、今回サンプルでは 時間が短くてクリップとクリップの間が 空いてしまいましたが これが長いクリップであれば当然 ここの所はきちんとトリミングされた形で 配置されるようになります。 この レッスンでは Adobe Premiere Pro CC の マーカーが備えている オート編集機能を利用して マーカーを設定した位置に自動的にクリップを 配置する方法について解説しました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。