Premiere Pro CCベーシック

ホワイトバランス調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
撮影した映像が色かぶりしている場合、エフェクトにあるカラー補正機能を利用して補正ができます。このセクションでは、ホワイトバランス調整を行う方法について解説します。
講師:
05:51

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の カラー補正機能の中から カラー補正の基本である ホワイトバランスの補正方法 について解説いたします。 最初にホワイトバランス調整より ホワイトバランスの補正とは何なのかについて 簡単にご説明しておくと 例えば、赤かぶりとか青かぶりとか 色かぶりをしているような映像データに対して 補正するためのテクニックです。 これは色補正の中でも最も基本となる テクニックで 白いものを白く表示させるための 補正になります。 白いものを白く表示させることで 他の色も同時に適正な色に 補正されて表示される という訳です。 これはビデオだけじゃなくて Photoshop 等を使って 画像データを補正する時にも 行われるテクニックです。 サンプルとして プロジェクトの方に 若干、青かぶりしている 映像データを読み込んでおきました。 ソースパネルに表示すると この様な感じなんですけど もうちょっとわかりやすく ちょっと大きめにしておきます。 若干、青かぶりしてます。 この船自体は白い色で塗られているんですけど ちょっと青かぶりしている感じです。 これを補正していきます。 まず、シーケンスの方に クリップを配置します。 すると、プログラムパネルの方にも 映像が表示されます。 色補正に利用するための エフェクトですけども まず「エフェクト」パネルを開きます。 「エフェクト」パネルの中にある カテゴリーから 「ビデオエフェクト」 三角マークをクリックして下さい。 これを展開すると 「カラー補正」というカテゴリーがあります。 これを更に展開すると いろいろな補正用の エフェクトが並んでます。 この中から今回使うのが 「クイックカラー補正」という エフェクトになります。 このエフェクトをシーケンスに配置したら クリップに適用します。 シーケンスに配置したクリップに エフェクトを適用する方法ですけども 最も基本的なのが、エフェクトを この様にシーケンスのクリップ上に ドラッグ&ドロップする方法ですけど もう1つの方法が、このクリップに 適用したいよ、というクリップを まず選択しておきます。 選択しておいてから 「エフェクト」パネルにある エフェクトをダブルクリックして下さい。 これでクリップにエフェクトが 適用されます。 但し、この方法を使う時には ちょっと注意が要ります。 現在、シーケンスにクリップが 一個しかありませんから問題ないですけど 複数のクリップが並んでいて 例えば目的のクリップじゃないクリップが 選択されている時に ダブルクリックしてしまうと クリップに思いもよらぬ効果が 設定されてしまうことがありますので このダブルクリックで設定する時には 注意して下さい。 また、クリップにエフェクトが適用されると このクリップ名の右の所に 「fx」という表示があったんですけど これが紫色に変わります。 クリップのこの「fx」という エフェクトのマークが、色が 紫色になっている時には 何かエフェクトが適用されているぞ ということがわかります。 適用されたエフェクトは エフェクトコントロールパネルを開いて 確認できます。 これがクイックカラー補正という エフェクトが、ここに適用されているよ というのがわかります。 クイックカラー補正の中には いろいろな補正のための オプションが並んでます。 これらを使って補正するんですけど ホワイトバランスの場合は、この中にある 「ホワイトバランス」という そのままの名前があります。 ここにカラーボックスと スポイトがあります。 このスポイトをクリックして このプログラムモニターの中の 映像の中で 一番色かぶりしている所、あるいは 白く表示させたい所をクリックします。 こんな風に、例えばこの辺だったら これをクリックします。 そうすると、即座にホワイトバランスが 調整されて、色かぶりが修正されます。 これ何度でも繰り返し 行うことが出ます。 ここじゃなかったかな、という時には もう一度スポイトを選んで もうちょっと色かぶりの強い部分を クリックします。 そうすると、再度 補正が実行されて きちんと修正された 映像で表示されます。 これで補正結果を 確認したい場合には コントロールパネルのエフェクトの名前の所 頭の部分に「fx」とあります。 この「fx」ボタン、これがエフェクトの オン・オフを設定するボタンなんですけど ここをクリックしてオフにすると 此方の方で効果が確認できます。 もう一度、オン・オフにしてみましょう。 今オフの状態で これでオンになり もう一度クリックすると、オフ この様にして、補正が行われたかどうか というのをきちんと確認することができます。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の カラー補正機能の中から カラー補正の基本である ホワイトバランスの補正方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。