Premiere Pro CCベーシック

エフェクトで手ブレを補正する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビデオ撮影でもっと多い失敗が、「手ブレ」です。ここでは、エフェクトを利用して手ブレを補正する、いわゆるスタビライザーについて利用方法を解説します。
講師:
05:30

字幕

このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の エフェクト機能にある 手ぶれ補正用のエフェクト ワープスタビライザーの 使い方について解説いたします。 ビデオの撮影では、最も多い失敗は 手ぶれだと言われています。 手ぶれが防げれば、撮影の8割は 成功だという風に言われてます。 それでどうしても失敗してしまう 例が多いんですけど その様に失敗した手ぶれの映像を Adobe Premiere Pro CC のエフェクト ワープスタビライザーを使うと 補正することができます。 このエフェクト、実は Adobe Premiere Pro CC から 搭載された、新しいエフェクトです。 これを使って手ぶれしている映像を 補正してみたいと思います。 まず、手ぶれしている映像を ご覧いただきます。 ダブルクリックして、ソースパネルで ちょっと見てみます。 この様に微妙に 手ぶれしている映像なんですけど これをワープスタビライザーを使って 補正していきます。 補正したいクリップを この様にシーケンスに配置します。 ちょっとこれ トリミングしておきますね。 次に、エフェクトを搭載するんですが その前に クリップを選択して エフェクトコントロールパネル ちょっと開いておきます。 ここにはデフォルトで設定されている 「モーション」と「不透明度」と 「タイムリマップ」という ビデオエフェクトが表示されています。 ここへ、ワープスタビライザーを 適用しますけど 「エフェクト」パネルの中 「ビデオエフェクト」があります。 この中のカテゴリーが 「ディストーション」という この「ディストーション」の カテゴリーを開くと この中の一番上ですけど 「ワープスタビライザー」という エフェクトがあります。 これをクリップに適用します。 エフェクトの適用方法は エフェクトをクリップの上に ドラッグ&ドロップする方法と クリップを選択して エフェクトをダブルクリックする という方法がありますけど ここでは既にクリップを選択してあるので ダブルクリックで適用してみます。 適用すると、すぐに補正用の 分析が開始されます。 ちょっとご覧下さい。 ダブルクリックしてみます。 ダブルクリックして適用されると この様にすぐ分析が開始されます。 分析が開始されると あとどれくらい分析がかかるか という残り時間が、時間と あと残りのフレーム数で表示されます。 この様な表示見ながら... これらを見ながら分析を待ちます。 終わると「スタビライズしています。」 という風に表示されます。 「スタビライズしてます。」 という風に表示されたら 補正が終了しています。 補正が終了したら どんな具合になっているか確認してみます。 プログラムモニターで 再生をクリックすると この様に微妙な手ぶれが もう確実に補正されてます。 また、このワープスタビライザーには オプションが幾つかあります。 例えば、この滑らかさ等も見ていて もうちょっと滑らかにしたいなという場合には このパラメーターの数値を変更することで 滑らかさも変えることができます。 例えば、ちょっと変えると この様にすぐ適用されます。 スタビライズしています という形で、すぐ適用されます。 但し、トリミングしてあるクリップで このトリミングを変更した場合 短くする場合には 何も問題ないですけど 例えば、この長くしたりすると 増やした部分に関しては 分析が終了していないので 「新規フレームは分析する必要があります。」 という風に表示されます。 「分析をクリックして下さい。」 とありますけど ここに「分析」ボタンがあるのですが 選択されている状態 クリップが選択されている状態では まだ表示されません。 一旦、この選択状態を解除して どこか何もない所でクリックして解除して 再度選択すると 「分析」ボタンが有効になります。 必要があれば、この「分析」ボタンを クリックします。 すると、また分析が開始されて どれくらい補正が必要なのか、というのを 程度分、分析してきます。 残り時間とか残りのフレーム数 %等で表示して 分析を進めていきます。 分析が終わると こちらの画面の方 「スタビライズしています。」 という風に表示されます。 これで補正が終了です。 このレッスンでは Adobe Premiere Pro CC の エフェクト機能にある 手ぶれ補正用のエフェクト ワープスタビライザーの使い方について 解説いたしました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。