Premiere Pro CCベーシック

BGMの音量を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adobe Premiere Pro CC のシーケンスに配置した、オーディオデータの音量を調整する方法について解説いたします。
講師:
07:31

字幕

このレッスンでは AdobePremiereProCC の シーケンスに配置した オーディオデータの音量を調整する 方法について解説いたします。 まず音量を調整するデータなんですけど 画面の様に既にオーディオトラック2に BGM用のデータを トリミングして配置してあります。 このデータの音量を 調整していきたいと思います。 まず音量調整がわかりやすいように 画面のレイアウトをちょっと変えます。 この様に大きくして拡大して 波形が見やすくします。 更にズームの調整も行って このように見やすくしておきます。 今回は、このシーケンス上で オーディオデータの音量を 調整する方法を解説いたします。 まずトラックに配置した オーディオクリップですけど クリップの左上の所に、エフェクトを示す 「fx」というマークがあります。 このマークをクリックすると メニューが表示されます。 「ボリューム」「チャンネルボリューム」 「パンナー」という風に表示されます。 「ボリューム」は音量を調整する メニューで 「チャンネルボリューム」というのは 右と左、それぞれのチャンネルを 個別にボリューム調整ができるというもの 「パンナー」というのは 左右のステレオの状態を バランスを調整するための項目です。 ここでは「ボリューム」を選びます。 「ボリューム」の中の 「レベル」を選んで下さい。 「レベル」を選びましたら このオーディオのクリップの表示 波形表示ですけど 上側が L L チャンネルですね、左チャンネルで 下側が R の右チャンネルになってます。 この中間にレベルを表す レベルラインというのが実はあるんですね。 オーディオを再生しながら そこを調整していきます。 まず、プログラムモニターの方で 再生ボタンをクリックして再生を開始します。 (再生音) 再生を聞きながら ラインを調整していくんですけど ちょっと一度、再生を止めますね。 ここの所でラインがありますけど このラインをドラッグすると、この様に ラインがこう、出てきます。 このラインを上に上げると ボリュームが大きくなり 下に下げると ボリュームが小さくなります。 この再生しながらボリュームを 調整します。 もう一度、再生してみましょう。 再生をしながら ボリュームを調整します。 (再生音) この様な感じですね。 これで任意の適当に自分の好みの ボリュームに合わせることが可能になります。 尚、このレベルラインによって ボリュームを調整しますと 先程クリックした「fx」の エフェクトのボタンなんですけど 黄色い色に変わっています。 これは、このクリップの中でエフェクトを 調整しているよ、ということを示しています。 尚、ボリュームを調整していく時に 重要になってくるのが どれくらいのレベルなんだろうか、という 元の大きさを知る目安なんですけど その目安を知る1つのツールが このオーディオマスターメータ―という これ再生すると (再生音) この様に音量に応じて レベルが表示されます。 音量が表示されてる時に レベルが大きくなってくると (再生音) この様に赤く表示される所があります。 この赤く表示される所 ピークインジケーターというんですけど これが赤く表示されてると 音が割れたりとかするよ、ということで ここの所はボリュームを下げなさい という目安になります。 このピークインジケーターが 赤く表示されるような時には ボリュームを下げる必要があります。 (再生音) 黄色いラインが、こう表示されます。 この黄色いラインですけど これはピークボリュームインジケーター と言いまして、再生した音の中で 今一番高かった音がここだよ というのを黄色いラインが示しています。 もう一度再生してみます。 (再生音) ピークボリュームインジケーター わかりましたでしょうか。 これらを目安にして ボリュームの調整を行っていきます。 尚、ボリュームの調整なんですけど ちょっとこれを元に戻しまして ボリュームの調整をしながら、例えば BGMの曲と あとこのビデオクリップの中にある オーディオの部分のデータとが どうもうまく、しっくりいっていない というかですね。 例えば、ビデオの方の音はなくても良い BGMの音だけあればいい というような時には 音の部分の ビデオクリップの音の部分の方を データを削除することができます。 データを削除する時には 音声部分のデータを削除したいクリップを 選択します。 例えば このクリップで試してみましょうか。 これを選択すると この状態になりますね。 で、右クリックします。 メニューが表示されて、上の方に 「リンク解除」という 項目があります。 この「リンク解除」というのを選択すると それぞれ ビデオ部分とオーディオ部分 それぞれを選択できるようになります。 通常ですと、この様にクリックすると どちらのデータも選ばれるのですけど リンクを解除すると ビデオ部分、ボリューム部分 という風に分けて 選択できるようになります。 で、音声部分要らない時には この音声部分をクリックして選択し Delete キー、あるいは 右クリックで「消去」 これを選択して下さい。 そうすると、この様に オーディオ部分のデータが無くなります。 この場合は 再生すると (再生音) この様に、映像とBGMだけの 環境ビデオのような効果を 利用することができます。 このレッスンでは AdobePremiereProCC の シーケンスに配置した、オーディオデータの 音量を調整する方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CCベーシック

このコースでは初めての方を対象に、Premiere Proを使ったビデオ編集について詳しく解説します。ビデオカメラからの映像の取り込みやカット編集、効果の設定といった基本的な編集処理をわかりやすく、丁寧に順を追って説明します。またタイトル作成やテロップ挿入、BGM設定や動画ファイルの出力、さらにはYouTubeでの公開などについても解説します。

5時間54分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。