PowerPoint 2010 クイックマスター

フォントセットをつくる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フォントは、スライドの雰囲気を決める重要な要素です。1つのプレゼンテーションでは、統一された雰囲気のフォントを使いましょう。このレッスンでは、スライド全体を貫く「フォントセット」というものをつくってみます。
講師:
04:58

字幕

フォントはスライドの雰囲気を決める 重要な要素です 1つのプレゼンテーションでは 統一された雰囲気のフォントを使いましょう このレッスンではスライド全体を貫く フォントセットというものを作ってみます 早速やってみましょう Esc でスライドに戻ります 今回サンプルとして作るプレゼンテーションに 使うフォントセットを作ってみます フォントセットの作り方は まず「デザイン」タブをクリックします 次に「フォント」をクリックします その1番下に「新しいテーマのフォント パターンの作成」とあるので こちらをクリックします 「新しいテーマのフォントパターンの作成」の ダイアログが出てきます 今回サンプルに使っているフォントを ここに登録していこうと思います まず「英数字用のフォント 見出しのフォント(英数字)」では Corbel というフォントを使っています ここをクリックして Corbel Cですね こちらですね Corbel これを選びます 同様に「本文のフォント(英数字)」も Corbel を使います こちらをクリックして同じように Corbel を選びます 次に「日本語文字用のフォント」では こちら「見出しのフォント(日本語)」は メイリオを選びます これですね この「メイリオ」を選びます 「本文のフォント(日本語)」も同じく メイリオを選びます 「メイリオ」ですね 最後に名前をつけます 「スタイリッシュ」とします 「スタイリッシュ」ですね これでOKです これで「保存」して下さい 保存します すると先ほどの「フォント」の所に 先ほど登録した「スタイリッシュ」という 名前でフォントセットが登録されました 具体的にどうなるか見てみましょう 新しい新規のスライドを立ち上げます 「ファイル」タブから「新規作成」をクリック 「新しいプレゼンテーション」を選んで 「作成」ボタンを押します ここに文字を打ち込んで行きますね まずは「プレゼンテーション」 こちらには「 PowerPoint 」と 打ち込んでみます それでフォントなんですが 「デザイン」タブをクリックして 「フォント」をクリック この新規スライドは現在 この「 Office 」というフォントセットが 設定されています これを先ほど作った「スタイリッシュ」に 変更してみます 変更するとこのように 日本語のフォントはメイリオですね 英文のフォントは Corbel に変わりました 更に1度設定してしまえば このように新しいスライドを作って行った時も 同じように こんな感じで全てのスライドに フォントセットですね この「スタイリッシュ」という名前で 作ったフォントセットが適用されます この英文は Corbel になっていて 日本語はメイリオになっています このようにこのファイル自体に 設定したフォントセットは ずっとこのようにスライドを通じて 使っていけます もう1度スライドショーに戻ります このレッスンでは フォントセットの作り方を学びました プレゼンテーションを どんな雰囲気にしたいのかを考えて 使うフォントを選んでみましょう

PowerPoint 2010 クイックマスター

このコースでは、PowerPoinを使って1本のプレゼンテーションスライドを完成させていきます。スライド制作の手順や仕組みがわかれば、あとはそれを繰り返すだけです。手早く、キレイに、印象的に。入門者の方からPowerPointを使い慣れている方まで、ぜひチャレンジしてみてください!

5時間16分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
PowerPoint PowerPoint 2010
価格: 3,990
発売日:2014年05月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。