PowerPoint 2010 クイックマスター

メッセージをつくる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
重要なメッセージは、とにかく目立たせたいもの。
講師:
09:07

字幕

重要なメッセージは とにかく目立たせたいものです このレッスンでは 文字を加工し 質感のあるメッセージを作ります 完成版の見本スライドでは 6枚目のスライドになります では プロジェクトファイルの message_slide_sample.pptx を立ち上げて 一緒に作っていきましょう では スライドショーを Esc で終わらせます そして message_slide_sample.pptx を 立ち上げます このスライドです これが完成版です こちらを作っていきます まず 背景を作ります 背景はスライドマスターに作ります 「表示」タブをクリックして 「スライドマスター」をクリックします これが既に出来ている背景です これを作っていくのにどうするか? まず これがベースとなるスライドです ベースとなる背景があります これをコピーして作っていきます まず このベースとなる背景をクリックして Ctrl キーを押しながら 下にドラッグします はい ここに作ります この背景なんですけども こちらですね 「 MISSION 」と言う文字が 背景に透過した文字で敷かれています これは前に扉ページで作ったものと同じです ですので 扉の背景を選んで そのまま この文字をコピーしてしまいます テキストボックスをクリックして Ctrl+C でコピーします そして こちらです メッセージスライドの背景スライドに ペーストします Ctrl+V でペーストします これで OK です この様に 背景のマスターをコピーして 使いまわしていくと 非常に作業効率が上がります これでマスター表示を閉じます では これは完成版なので スライドをコピーして そちらで作っていきます サムネイルスライドをクリックして Ctrl キーを押して 下にドラッグして コピーします そして これから 作っていく要素の部分をカットします では ここに「プレゼンをおもしろく」という 文字を打つわけです 文字を打つときはこうです 「挿入」 > 「テキストボックス」で 画面のスライドの外をワンクリック カチッとクリックします そして 打ちます 「プレゼンをおもしろく」 はい これで OK です これもセンターに配置したいと思いますので 「書式」 > 「配置」 > 「左右中央揃え」 そして 「配置」 > 「上下中央揃え」にします そして 文字の大きさをちょっと変えます テキストボックスを選んで 文字の大きさです そうですね... 66 くらいまで大きくします また 位置がずれてしまいましたので 「配置」 で左右中央の 上下中央に揃えます そして 文字色を変えます 白色にします 文字の色を白にします 更に メッセージなので太字にしましょう ボールドを掛けます テキストボックスを選んだ状態で Ctrl+B です Ctrl+B で太文字にします そして そうですね 「プレゼンをおもしろく」に ちょっとメリハリを付けたいので この「を」をです この「を」と この句点です こちらの方をボールドを取って戻します もう一度 Crtl+B で戻します こちらも Ctrl+B です はい こんな感じになります ここから このままの文字では ちょっと面白くないというか 目立っていないので 文字を目立たせていきます ここでやるのが文字の加工です 文字の加工をしていきます テキストボックスを選択した状態で 「書式」 > 「文字の効果」です 「文字の効果」で ちょっと立体的にしてみます 「文字の効果」 > 「面取り」を選びます 「面取り」で そうですね... この「クールスラント」と いうものにしましょうか? これを選びます ちょっと文字が立体的になりました 更に ちょっと文字の光沢を 変えていきたいと思います 同じく テキストボックスが選ばれた状態で 「文字の効果」 > 「面取り」 「3-D オプション」を選びます この様なダイアログが表示されます そして ここで触っていくのが 「質感」と「光源」です これをちょっと触ってみます まず「質感」です これを「ダークエッジ」にしましょうか? 「ダークエッジ」は ちょっとエッジが際立つ感じです 「ダークエッジ」 そして「光源」 こちらで そうですね... この「朝」というのを選んでみます ちょっと文字が金色っぽくなりました ここです こんな感じで目立たせてみましょう これで閉じます これで ちょっと質感が出て来ました 非常に浮き上がって見えるように なってきました 更に もうちょっと 立体的にしたいと思いますので この文字を浮遊させます 浮かせるんです どうするかというと この「おもしろく」の部分を ここだけをドラッグで選択します それで 「文字の効果」 「文字の効果」 > 「影」を選びます 「影」の一番下にある 「下」というのを選びます すると... 文字の下に影が落ちました これで この文字が浮いているように見えます ますます 質感というか 物体的になってきましたよね? これで ちょっと目立つメッセージに なったんじゃないかと思います 元のメッセージです 元の見本のものがこうです 若干 右に文字が寄っています 今 作ったのがこちらです これが何故 右に寄っているかというと この句点です これが中央に揃えた場合 若干 左に寄っているように見えるんです ですので 微調整します テキストボックスをクリックして 矢印キーで 1回 2回 もう1回くらいですか? 3回 このくらい移動させましょうか? これで何となく この文字が 中央に来ているように見えますよね? これはこんな感じです ということで これで メッセージの完成となります それでは もう一度 元のスライドに戻ります スライドショーにします はい まとめます このレッスンでは メッセージの文字を加工し 目立たせる方法を学びました PowerPoint の文字の効果を使えば 文字に質感を持たせることができます 立体感のある文字で インパクトのあるメッセージにしましょう

PowerPoint 2010 クイックマスター

このコースでは、PowerPoinを使って1本のプレゼンテーションスライドを完成させていきます。スライド制作の手順や仕組みがわかれば、あとはそれを繰り返すだけです。手早く、キレイに、印象的に。入門者の方からPowerPointを使い慣れている方まで、ぜひチャレンジしてみてください!

5時間16分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
PowerPoint PowerPoint 2010
価格: 3,990
発売日:2014年05月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。