PowerPoint 2010 クイックマスター

画面切り替えを意識したスライド

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PowerPoint2010では画面切り替え効果もパワーアップしています。
講師:
12:14

字幕

PowerPoint 2010 では 画面切り替え効果もパワーアップしています 例えば背景が動かずに スライドの中身だけが切り替わって いくような見せ方もできます このレッスンでは画面切り替え効果を 意識したユニークなスライドを作っていきます 完成版の見本スライドでは 21枚目から23枚目のスライドになります では プロジェクトファイルの transition_slide_sample.pptx を立ち上げて 一緒に作っていきましょう Esc でスライドに戻ります transition_slide_sample.pptx を開きます 最初にこれがどうなっているかを スライドショーでご覧下さい 行きます 見本のスライドでは こんな風になっているんですね 行きます  Enter を押します こんな風に 上の部分ですね 上の写真の背景の部分だけが くるっと切り替わります ちょっと戻してみましょうか こんな感じですね こんな感じで 上だけこう― くるっと切り替わるんですね 下の部分は切り替わらない 上のヘッダーも変わりません こういう面白い見せ方ができるんです これをやってみましょうか まず 必要なのは背景です 動かない背景 動かない背景はスライドマスターに作ります 「表示」タブをクリックして 「スライドマスター」ですね これが実はその背景なんですね これを実際作ってみましょうか これを作るのは そうですね― 元々の... この MISSION と書いてある スライドをコピーして作ってみます このスライドをクリックして Ctrl を押しながら下にドラッグします ここに作りますね まず MISSION を SERVICE に書き換えます 書き換えました 次に 下のフッターです フッターのこの黒い四角形ですね この真ん中のハンドルを持ち上げて 3分の1のガイドラインまで上げます これで次に SERVICE という言葉 これですね これを入れます これは SERVICE の扉で 使っているものを使います これを テキストボックスを クリックして選んで Ctrl + C でコピーします そしてここで Ctrl + V でペーストします このまま下に持ってきます 微調整を矢印でします ちょっと文字が薄いですよね ですので透過性を変えます 文字をドラッグで選んで 右クリックで「文字の効果の設定」 「塗りつぶし」のところで 60%にしましょうか 60%の「透過性」にします これで閉じます こんな感じです 次に ここに 「サービス概要」という文字ですね 「サービス概要」という文字は ちょっと打ちましょうか こちら打ってみますね 「挿入」タブで「テキストボックス」 スライドの外でワンクリック 「サービス概要」 次は大きさですね 36位にします 今ラインが出ましたけど この中心ですね この文字の中心位の所におきます 外枠のガイドラインにテキストボックスの 左がくっつく位の所に置きます これで文字色を白くします アッ 文字色は黒ですね 文字色は黒のままでOKです 光彩ですね 光彩をかけます テキストボックスを選んだまま 「書式」から「文字の効果」で「光彩」 「その他の光彩の色」から 白を選びます ここで SERVICE という文字を選んで Ctrl + B でボールドにします これで大体同じような感じですかね これでOKですね 一旦マスターを閉じてスライドに戻ります 今設定した背景をここに設定してみます スライドの外で右クリックして 「レイアウト」から 今作ったのはこれですね こちらを選びます 次は 写真ですね 写真を配置します これはクリップアートから選んで 配置します 写真はクリップアート 「挿入」から 「クリップアート」で これは「書く」で検索してみます メディアのファイルは「写真」だけでOKです これで検索します 色々と出てきますね その中で これですね こちらを選びます 一旦後ろの写真を消します 選んで Delete これをトリミングして行くんですね この 上ですね このヘッダーの丁度上にくっつく位で スライドの左端ですね そこに置いて 右下のハンドルを引っ張って スライドの1番外枠まで 引っ張ります ここからトリミングです 「書式」タブの「トリミング」を押して ハンドルを持ち上げて この3分の1のラインですね ここまで持ち上げます そして位置を調整します Shift キーを押しながら 写真をクリックした状態で 上に持ち上げます この位ですかね これでOKですかね これでトリミングを解除します 画面の何もない所をクリックします そして これを1番下に送ります 「書式」から「最背面へ移動」 それでこの文字「プレゼンの企画 ~ストーリーづくり 1」 これを一旦消します もう1度文字を打ちます 「挿入」から「テキストボックス」 画面の何も無い所をワンクリックして まずは「1」と打ちます このフォントですが 「 Corbel 」でなくて 「メイリオ」に変えておきます 「メイリオ」 そして色を白くしておきます サイズはかなり大きかったので 150位入れてみましょうか もうちょっと大きいですかね 200 では200で行きます 文字の光彩をかけておきます 「書式」から「文字の効果」で「光彩」 「その他の光彩の色」から 赤い濃い色を選びます こんな感じですね それで文字を打ちます もう1度「挿入」の「テキストボックス」で 何も無い所をワンクリックして 「プレゼンの企画… …~ストーリー… …づくり」ですかね これも同じように文字の色を 白くしますね 文字の色を白くして ボールドをかけておきます Ctrl + B でボールドですね 文字を大きくします 48位にしておきましょうか これも同じように光彩をかけます 「書式」の「文字の効果」から「光彩」 「その他の光彩の色」で濃い赤ですね こんな感じですね 「1」の位置をもう少し― 右側に寄せてみましょうか この文字は この3分の1のガイドラインの― 右側に置くような感じで置いてみてみます こういう感じで作ります あとのスライドは同じように これをコピーして 写真を貼り替えて 文字を書き換えればOKですね 1つポイントなんですけど この写真なんですが 明るい場合はちょっと暗くします 文字が読みやすいように 写真をクリックして 図ツールの「 書式」をクリック そして「修正」をクリックして 1つ暗めの写真です コントラストは0で 明るさが -20 という所に― すると文字が浮き上がります こんな感じで他のスライドも作っていくと このスライド3つが完成します では スライド戻ります このレッスンでは 画面切り替え効果を意識した― スライドを作ってみました 背景を切り替えずにスライドを展開することで オーディエンスは 同じテーマの説明だということを 自然と理解できます お勧めの方法なので 是非活用してみて下さい

PowerPoint 2010 クイックマスター

このコースでは、PowerPoinを使って1本のプレゼンテーションスライドを完成させていきます。スライド制作の手順や仕組みがわかれば、あとはそれを繰り返すだけです。手早く、キレイに、印象的に。入門者の方からPowerPointを使い慣れている方まで、ぜひチャレンジしてみてください!

5時間16分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
PowerPoint PowerPoint 2010
価格: 3,990
発売日:2014年05月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。