はじめる!WordPress入門

パーツテンプレート

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
HTMLパーツを表示するためのパーツテンプレートの仕組みについて解説します。
講師:
04:11

字幕

このレッスンではパーツテンプレートの 仕組みについて学習します。 パーツテンプレートは サイト内の様々なパーツを 表示するためのテンプレートです。 読み込みたい場所に get_template_part と記述し 括弧の中にテンプレート名を書けば 読み込むことが出来ます。 パーツテンプレートに使用できる名前は get_template の中に書いた 名前.php です。 しかし home のように 他のテンプレートで使用されることが 決定しているテンプレートファイル名を 使用することはできません。 それでは実際にパーツテンプレートを作成して 読み込んでみましょう。 エディターに移動します。 最初に読み込みたい パーツテンプレートファイルを作成します。 作成したら、ファイルを開いて 中身を編集します。 保存をします。 次に home.php に 実際に読み込む記述を書いてみましょう。 get_template_part と記述します。 括弧の中に パーツのファイル名を入力します。 入力ができたら保存をして サイトで表示を確認します。 リロードします。 パーツテンプレートに記述した内容が 読み込まれました。 このようにパーツテンプレートを使えば 自分で好きなだけテンプレートを作って 読み込ませることができます。 また、パーツテンプレートは 名前の他に スラッグを付けて、更に細かく 分類することもできます。 もう一度エディターに移動します。 新しくファイルを作成します。 先程作った htmlparts.php とは別に htmlparts-2nd.php という パーツテンプレートを作成します。 ファイルを開いて編集します。 保存をして home.php を開きます。 スラッグを付けたパーツテンプレートの 読み込み方法は 最初に名前を入力して カンマでスラッグ名を入力します。 このように入力したら、保存して サイトでの表示を確認してみましょう。 リロードします。 html-2nd.php に入力した 内容が表示されました。 このレッスンではパーツテンプレートが 自分で自由に作ることがある テンプレートであることを学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。