Dreamweaver CCで作るレスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインとは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
様々な解像度のデバイスに最適化したWebサイトのページを、ひとつのHTMLソースで制作することがレスポンシブWebデザインについて、どういうものなのかをご紹介します。
講師:
03:35

字幕

このレッスンでは Dreamweaver でレスポンシブ Web デザインを制作していくにあたってまずはレスポンシブ Web デザインとは何かという点について解説していきます。それではレッスンを始めていきましょう。レスポンシブ Web デザインとは1つの HMTL ファイルで様々な端末 いわゆるデバイス向けにサイトの表示を最適化させる手法となります。では このレスポンシブ Web デザインという手法が登場する前は一体どのような形で様々な端末・デバイス向けに表示を最適化させていたのか一度確認しておきましょう。これまでのモバイルサイト、要するに様々な端末 デバイス向けのサイトですね、はどういった形でやったのかそれは様々な端末ごとに別々のサイトを制作していました。そして もちろん別々のサイトを制作しているのでその端末ごとのサイトごとにURL が異なっていました。そして、もちろんの事その様々な端末ごとにサイトが必要となりましたのでサイトの開発自体がとても大変でした。さらに同様の理由でサイトが完成してからの保守管理もその端末ごとのサイトに必要であったためこちらも労力と時間がかかってしまいました。さらに 例えばそれらのサイトがCMS と連動していた場合これまでのモバイルサイトではそれぞれのサイトごとにCMS との紐付けが必要であったためこちらも実装が大変でした。 では、このレスポンシブ Web デザインという手法を使うとこれらがどのように変わるのか見てみたいと思います。レスポンシブ Web デザインの特徴として様々な端末に向けてサイトの表示を最適化させることが可能となります。そしてそれは 1つの HTML ファイルで作成することができます。その1つのHTMLファイルで作成したものに対してCSSを使って各端末・デバイスごとにレイアウトを調整していきます。それと もちろんこれまでのサイトと違って様々な端末向けに1つの HTML ファイルで作成するためサイトの保守管理が非常に容易になります。そして さらに 同様の理由でCMS との親和性がとても良くなります。要するに、これまでは 様々な端末に向けて個々にサイトが存在していましたがこれが1つの HTML ファイルになることによってCMS の紐付けも1つで済むことになります。このように レスポンシブ Web デザインという手法の登場で複数の端末に向けたサイトの展開が非常に行いやすくなりました。このコースではこのレスポンシブ Web デザインを使ったサイトの制作をDreamweaver というソフトウェアを使って行っていく方法について解説していきます。 以上でレッスンは終了です。今回はレスポンシブ Web デザインがどういったものなのかについて解説致しました。まずはレスポンシブ Web デザインの意味をしっかりと理解して実際の制作に備えておきましょう。

Dreamweaver CCで作るレスポンシブWebデザイン

このコースでは、レスポンシブWebデザインに対応したサイトをDreamweaverを使いながら制作する方法について解説していきます。レスポンシブWebサイトについての説明や、制作するにあたっての設計のコツ、Dreamweaverがもつ機能や使い方などを実際の制作手順に基づいて解説していきます。

3時間40分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年04月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。