はじめる!WordPress入門

ページングタグ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一覧ページや投稿ページ間を移動するためのページングタグについて解説します。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは一覧ページや 投稿ページの間を移動するための ページングタグについて 解説します。 最初に、一覧ページ間の 移動について解説します。 次のページへのリンクを表示するタグは next posts link というタグです。 前のページに移動するためのタグは previous posts link という名前になります。 それでは実際にエディターで編集して サイトでの表示を確認してみましょう。 エディタに移動します。 home.php を開いて 次のコードを入力します。 previous posts link と next posts link が書けたら 保存してサイトでの 表示を確認してみましょう。 リロードします。 記事の一覧の下に「次ページへ」 というリンクが表示されました。 同様に「前ページへ」 というリンクも表示されました。 WordPress で「次ページへ」 「前ページへ」をクリックすると 自動的に URL に ページ番号が入るようになります。 この「次ページへ」と「前ページへ」の 文字列は パラメータを使って 変更することができます。 エディターに移動します。 それぞれのタグの 括弧内に 表示したい文字列を 「 ' 」で区切って入力します。 入力ができたら保存をして 画面を確認してみましょう。 パラメータで指定した文字列に 変更されました。 次に投稿ページ間を移動する タグを紹介します。 投稿ページ間を移動するタグは next posts link と previous posts link です。 それでは実際に入力をしてみましょう。 エディタに移動します。 index.php を開いて コードを入力します。 previous posts link と next posts link は ある記事から見て 前後の投稿へのリンクを表示するタグですので 必ずメッセージループの中に 記入するようにします。 書けたら保存をして サイトで表示を確認してみましょう。 1つ記事をクリックします。 前の記事へのリンクが表示されました。 このように next posts link と previous posts link は デフォルトでは、前後の記事の タイトルをリンクテキストとして表示します。 このリンクテキストも パラメータを変更して 別の文字列にすることができます。 エディタに移動します。 最初のパラメータには %link と入力します。 カンマで区切って、次のパラメータに 表示したい文字列を入力します。 next posts link も 同様に入力します。 書けたら保存をして サイトで表示を確認してみましょう。 リロードします。 表示される文字列が変更されました。 このようにパラメータを使って 簡単にカスタマイズできるのが WordPress のテンプレートタグの 便利な所です。 このレッスンでは一覧ページや 投稿ページの間を移動するための ページングタグについて 学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。