Illustratorで色編集完全ガイド

HSBカラースライダーで直感的に色を決める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色相、彩度、明度を直感的に調整できるHSBカラースライダーの解説をします。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは HSB カラースライダーで 色を作る時のコツなどを解説します。 HSB カラースライダーですね。 カラーパネルの オプションを表示の HSB ですね ここにあります。 RGB とも CMYK とも違うものですね。 RGB は色の配合 CMYK はインクの配合で 色を決めますけれども HSB はそんなことはお構いなしで 色相彩度、明度、色の基本のところから 色を決めるというものです。 お構いなしと言っちゃいましたけれども それぞれのカラーモード ドキュメントのカラーモードに応じて 入力した色が例えば CMYK では 再現できない色だった場合は 自動的に色域内に変換されますので あと RGB の数値が合わない場合も 自動的にこういう場所が 変換されて変わってきますので あまり心配はいらずに使えると思います。 HSB で色を作る時の理屈もですけれども コツを解説したいと思います。 今ここに緑色がありますけれども これ 153 度になっていますね。 H の値が色相です。 赤から始まってぐるりと回って また赤に戻るというものですね。 H の値 ここの微妙に虹色というか カラースペクトルがありますので なんとなくわかると思うんですけれども 半分の位置がちょうどシアンのような これは赤の補色ですね。 赤が0ですから 180 度反対側は赤の補色になります。 左に角度が少なくなって来れば こんな風に緑から黄色系になっていきますし 右に行けば青からピンクになっていきますね。 これはちょっと使っている内に すぐに覚えてくると思います。 問題はこっちですね。 彩度と明度ですね。 彩度を下げたら 全部グレーになるかと思いきや 明度が 100% だったら白になりますね。 明度が 50% だったら 50% のグレーになるんですけれども ここが若干分かりにくいかもしれないです。 この状態で彩度を下げて グレーにしようと思っても 彩度を下げただけでは明るくなるだけで 実はグレーにはなりません。 なぜかって明るさが 100% だから。 なのでこの例えばこのピカピカに明るい緑色を グレーに近づけようとするならば まず明度を下げて 若干このグレー寄りに明度を下げて 明るさを下げておかないと グレーに寄りません。 なので、明るくするのか 鮮やかにするのかというのが この連動している関係が 若干使い慣れないと 分かりにくいかもしれません。 私は割とわかりやすいと思うんですけれども これで HSB で色を作る時に 何が便利かというと グラデーションを作る時が便利ですね まず。 はい、グラデーションパネルです。 例えば緑のグラデーションを作る場合 同じ両方にまずグラデーションの 0% と 100% 両方の部分に同じ色を入れてしまいます。 例えばここですね 緑からこちらにも緑 同じ緑を入れてしまいますね。 そして緑の片方を明るくしていく HSB スライダーで B の値を上げる。 こうすると微妙に違っていく グラデーションというのを すごく簡単に作ることができます。 もしくは同じ色を入れて 両方 0 と 100 同じ色を入れておいて 片方を暗くしていく これは B の値を下げるだけですね。 そうすると同じ色相で同じ彩度で 明るさだけが違うというグラデーションも 非常に簡単にかつ微妙に きれいに作ることができます。 更に明るい部分ですね グラデーションを作る場合 明るい方の色相をちょっとふってやる 若干変えてやる 例えば緑の場合は 明るいところは黄緑方向に振ります。 実際に目で 葉っぱなどの緑のものを見た場合に 明るい部分がちょっと黄色っぽく 見えている事が多いと思います。 その方が美しい深みのある グラデーションを作ることができますね。 グラデーションはちょっと間違えると 凄い安い色になってしまうことがあるので 私はこの HSB を使って作った方が きれいに出来るんじゃないかなと思います。 光が当たっていて白っぽくなっていく時は S 値の方も合わせて下げていくと 全体に白くなっていくので グレーに近い色ですね。 またちょっと微妙なニュアンスの グラデーションを作る事ができると思います。 色を作るという意味で 単色を作るだけではなくて 例えばグラデーションを作る時だとか あとその色の組み合わせですね。 トーンオントーン トーンイントーンという言葉がありますけれど 彩度違いで色、トーンを作る 明度違いでトーンを作るというようなときでも HSB カラースライダーは 特に役に立つと思います。 このレッスンでは HSB カラースライダーで色を作る時の コツなどを解説しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。