Illustratorで色編集完全ガイド

微調整はカラーガイドを使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カラーガイドで色の微妙なバリエーションを作成する方法を解説します。
講師:
05:30

字幕

このレッスンでは色を作る際の 微妙なバリエーションを考える際に 特に便利なカラーガイドの 使い方を解説します。 カラーガイドです。 ここにありますね、 カラーガイドパネルです。 ハーモニールールがここにあって カラーガイドがここにありますね。 では実際に少し使ってみようと思います。 今黄色をベースカラーにした ペンタードの鮮やかな配色になっています。 ここですね。 5色の色を均等に 色相を割って配色した色で にぎやかな印象ですね。 ここのカラーガイドを使って 色を考えていく作業ですね。 例えばこの黄色を もう少し暗い色にしてみるとか 淡い色にしてみるとか。 例えばこの暗い色にした場合、 キーカラーでもって どれぐらいのハーモニールールを 使ってみようか。 例えば、ハイコントラストに変えます。 そして、じゃあここの赤は もう少し調和のとれるこんな赤にしてみる。 それで、この2色はこの色を使ってみる。 で、差し色になるのはこの色 逆の方がいいですね。 大きい方の面積の広い方をこちらにして、 アクセントになる方を このピンクにしてみましょう。 でもこのピンクはもう少し薄い方が 読みやすいんじゃないのという場合 もう少し薄い色に変えてみる、 こんな感じですかね。 というのはどうでしょうか。 あるいはもう少し暖色方向に振ってみる、 じゃあこっちの色を この青の2色を もう少しこちら側に振ってみる。 この色ももう少しこちら側に振ってみる。 暖色方向に振ってみる、 もしくは寒色方向に振ってみる。 こんな風に色をいじっていきます。 カラーガイドは3種類の色の バリエーションを作ることができます。 低明度・淡彩ですね。 今選んでいる基になっているのは この真ん中、矢印で示された 真ん中の部分です。 ここから明度を下げていったもの それから彩度を下げて 明るい方に振ったものですね。 なので、グレーのトーンになっていきます。 これが低明度・淡彩。 それから寒色・暖色ですね。 真ん中、これがもとの色でより赤い方 暖色方面に振っていった 変えていったもの、 逆に寒色方向に振っていったものですね。 ここが基本であって 段々青っぽく寒々しくなっていく もしくは赤っぽく 温かくなっていく。 それから、ビビット・ソフトですね。 鮮やかかグレイッシュかというものです。 ですので、真ん中を基準にして こっち方向 右側がより鮮やかな 純色に近い方になっていきます。 逆に左側ソフトの方に行くと 最後は全部グレイッシュになっていきますね。 こんな風に色を変化させていくというのを このカラーガイドで見ることができます。 どんな風に変わっていくのか、 もうちょっと暗いのとか もうちょっと鮮やかなのとか もうちょっと温かい方だとか、 感覚的な色の変化を ここで検討することができます。 そしてオプションですね 「カラーガイドオプション」。 更にここの変化具合を 細かく割ることができます。 両側に4つステップを踏んでいますけれども、 例えばこれを 10 にすれば 10 段階のカラーバリエーションも それぞれ検討することができますね。 変化量も大胆に変わるのか それともちょっとずつ変えるのか、 ほとんど変わっていない、 これは 0% なので変わらないですね。 ちょっとずつ変えていくのか それとも大胆にぐわっと変えてみるのか。 カラーガイドパネルを大きくできますので ここで色のバリエーション、 微妙な変化を 決めることもできます。 明るい方から暗い方まで ここで色を検討して それぞれ選んで、 こんな色どうかしら こんな色どうかしら という風に選んでいって 決めることができるのが カラーガイドです。 組み合わせが決まったら 「スウォッチ」パネルを開いて カラーグループとして登録しておくと ここにグループとして保存されますので ここから色を選んでいくという事が 容易になりますね。 また「カラーガイド」の ここの「ハーモニールール」で 決めた色の組み合わせですね、 これを直接グループに カラーグループをスウォッチパネルに 保存する事も可能です。 またここに 「カラーを編集」というのがありますので ここで色相の散り具合とかを設定、 検討する事もできますね。 カラーグループはここに表示されます。 これがカラーガイドの 基本的な使い方になります。 このレッスンでは カラーガイドの使い方を解説しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。