Illustratorで色編集完全ガイド

スウォッチパネルでできること

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スウォッチパネルに色を登録する方法や種類、使い方を詳しく解説します。
講師:
03:09

字幕

このレッスンではスウォッチパネルの 使い方について解説します。 スウォッチパネル、これですね この四角のパレットの様なもの。 はい、ここにあります。 真ん中に持ってきますね。 スウォッチパネルは プリセットで用意されている スウォッチの他に自分で作った カスタマイズした色や それからグラデーション パターンを登録できます。 登録した色をカラーグループとして 1つのグループとして管理する事もできます。 オブジェクトの再配色や その他の機能で使うことができますね。 ではやってみましょう。 まずオブジェクトを仮に長方形ツールで 長方形を描いてみますね。 オブジェクトにスウォッチのカラーを 適用するときは こうして選ぶだけですね。 これは簡単 基本的なところです。 ここで線と塗りを 入れ替えることもできますね。 なしにする時はなしです。 ではここで カラーパネルで自分で カスタマイズした色を作りますね。 例えばこんな抹茶色を作りました。 そしたらこれを新規スウォッチに登録したい 新規スウォッチを押します。 ここでこのまま OK してしまえば OK です。 ここに色が登録されました。 スウォッチパネルは こんな風に色を取っておく時に まず一番便利な機能ですね。 グラデーションも自分で作って 今登録したスウォッチで グラデーションを作りました。 これも登録することができますね。 ドロップしてもいいですし この状態で新規スウォッチ そうするとグラデーションに変わりますね。 こんな風に登録することができます。 カラーパネルからドラッグして 直接登録する事もできますし 「カラーガイド」 カラーガイドから、そのカラーガイドで 作ったハーモニールールを グループで登録することもできます。 こんな感じですね。 あとクーラーエクステンション クーラーから色を選択して 登録する事もできますし こんな風にグループとして 登録する事もできますし ライブラリから色を選ぶこともできます。 表示するスウォッチをここで制限して 絞ることもできますね。 カラーのみ、グラデーションのみ それからパターンのみ グループのみ こんな風に制限する事もできます。 このレッスンではスウォッチパネルの 基本的な使い方を解説しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。