Illustratorで色編集完全ガイド

スウォッチとスウォッチライブラリには種類がある

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スウォッチの種類と、スウォッチライブラリの種類について解説します。
講師:
05:04

字幕

このレッスンでは、 スウォッチパネルで扱われている スウォッチの種類と スウォッチライブラリについて解説します。 スウォッチパネルにあるスウォッチには 種類があります。 まずカラースウォッチと グラデーションスウォッチ それからパターンスウォッチですね。 その3種類です。 カラースウォッチの中にも種類があります。 まず普通のカラースウォッチ。 こんなふうに長方形ツールで 四角形を仮に描いて色を設定しますね。 C 50 Y 100 の黄緑を作ったとします。 これをスウォッチパネルに登録します。 「新規スウォッチ」と出て来ます。 「プロセスカラー」の場合は こんなふうに CMYK の数値が そのまま名前になって登録されます。 「カラーモード」今ドキュメントの カラーモードが CMYK ですので、 CMYK でそれぞれインクの配合の 情報をスウォッチが持っています。 ここに登録されました。 普通のカラースウォッチのアイコンですね。 もう一つ別の種類のカラースウォッチを 登録することができます。 同じカラーを新規スウォッチで登録した時に 「グローバル」にチェックを入れます。 そうするとグローバルカラーとして 登録されます。 CMYK の配合を一つの色として 登録することができます。 登録します。 そうするとここにグローバルカラーの アイコンのマークになります。 ちょっと大きくします。 今サムネイルを大きくしましたけれども、 これですね、グローバルカラーのマーク 白い三角形が付きます。 例えばグローバルカラーのスウォッチを カラーパネルで調整しようとすると こんなふうに掛け合わせではなくて 1色としてこんなふうに 濃度を変更することができます。 ここに CMYK のマークが入っていますね。 これがグローバルカラーのスウォッチです。 あともう1種類、特色のスウォッチ というものがあります。 特色のスウォッチは、 カラーブックから直接選びます。 例えば PANTONE カラーですね、 PANTONE カラーの ソリッドコードにしましょうか。 ここに特色のカラースウォッチがあります。 これをクリックして選んだ場合、 そうするとスウォッチパネルに追加されます。 特色のスウォッチはこんなふうに カラーブックから選択して、 スウォッチパネルに追加します。 そうするとこんなふうに スウォッチオプションで PANTONE の名前が 付いているのが分かりますね。 ここに特色のマークが付きます。 白い三角の中に丸い点がある、 これが特色のマークです。 プロセスのインクで印刷する場合 4色分解、 通常の印刷の場合はこの特色のスウォッチは 使わないということですね。 特色印刷の時だけ使えるスウォッチです。 ではスウォッチライブラリについて 少し解説します。 サムネールに戻しますね。 カラーブックは閉じておきます。 スウォッチライブラリについて スウォッチライブラリにも 幾つかの種類があります。 先程の「カラーブック」ですね、 これは特色のスウォッチばかりが 詰められたカラーブックです。 それから「グラデーション」の スウォッチライブラリ、 ここにあるのは「グラデーション」ですね。 あと「パターン」ですね。 パターンのスウォッチライブラリは ここにあります。 他の「テキスタイル」とか「スキントーン」 それから「アースカラー」ですね、 他のものはすべてカラースウォッチです。 「システム」というものもあります。 あと Web セーフカラーの カラースウォッチもあります。 これはカラーライブラリというよりも、 Web セーフカラーというシステム的な カラースウォッチライブラリになりますね。 ちなみにこれはアルファベットと 50 音順で 下が漢字という順番に並んでいます。 こんなふうにスウォッチパネルに 登録されているスウォッチにも 色々な種類があります。 場面に応じて機能に応じて 使い分けていくといいと思います。 このレッスンでは スウォッチパネルで扱われている スウォッチの種類と スウォッチライブラリについて 解説しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。