Illustratorで色編集完全ガイド

スウォッチライブラリを読み込む/保存する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オリジナルのスウォッチライブラリの読み込み、保存について解説します。
講師:
04:18

字幕

このレッスンではスウォッチライブラリで オリジナルのライブラリを 保存したり読み込みをしたり という部分を解説します。 こんなふうにオリジナルのイラストから カラーグループを作ったりだとか、 それからグラデーションを新しく作って 登録したりだとか、 オリジナルのカラーを編集して スウォッチに登録したりだとかした場合に このスウォッチの情報は ドキュメントに依存します。 新しいドキュメントを開いたときに 今保存したスウォッチは反映されていません。 なので他のドキュメントを開いた時に、 今作ったオリジナルのスウォッチを もう一度使いたい場合 ずっと使いたい場合には 保存しておくことができます。 その場合はここですね... ちょっと見難いので引っ込めます。 スウォッチパネルのメニューから、 ここです 「スウォッチライブラリを Illustrator として保存...」 もしくは「スウォッチライブラリを 交換用として保存...」ですね。 「スウォッチライブラリを 交換用として保存...」にした場合は Photoshop や InDesign など 他のアプリケーションでも 読み込むことができます。 Illustrator として保存した場合は Illustrator のみで使うことができます。 スウォッチライブラリを交換用として 保存する場合は、保存されるのは カラースウォッチだけです。 パターンとグラデーションは保存されません。 スウォッチライブラリを Illustrator として保存する場合は、 グラデーションもパターンも カラースウォッチもすべてが保存されます。 こんなふうにダイアログが出て スウォッチのディレクトリが すでにここにもう指定されていますので、 そのままここにオリジナルの名前を付けて 保存すればいいと思います。 スウォッチをスウォッチライブラリとして 保存する場合、 ユーザーの中のライブラリの中の ちょっと分かり難い所に 入ってしまう場合もありますので、 分かりやすくドキュメントの中に 保存するだとか アプリケーションの中の 「プリセット」の中の 「スウォッチ」に保存しておくと、 読み込みが楽になると思います。 もしくは何か分かりやすい別のフォルダに 外部ライブラリとして 保存しておくといいと思います。 今回ドキュメントの中に 保存しておきますけれども、 そうして読み込む場合ですね、 こんなふうにスウォッチライブラリの一番下 「その他のライブラリ...」から 先ほど保存した オリジナルスウォッチですね、 「開く」を選べは こんなふうに先ほど保存した オリジナルスウォッチを 読み込んで使うことができます。 例えばスウォッチですね、 デフォルトのプリセットのスウォッチを いったん全部選択して削除してしまいます。 そして自分のオリジナルの色ですね、 こんなふうに今 色相環になっていますけれども、 こんなふうに自分のオリジナルの色を こんなふうに登録して それをライブラリとして保存しておく、 そして自分のデザインに応じた色のセットを 読み込んで使うというふうにすると、 自分の独自のカラーセットが使えて 良いのではないかと思います。 読み込んだオリジナルスウォッチを 常にいつも表示しておきたい場合が ありますね。 ワークスペースを保存する時にここに 「固定」というチェックがありますので、 この固定にチェックを入れた状態で オリジナルのワークスペースを保存しておけば いつもライブラリを読み込んだ状態で Illustrator を使うことができます。 このレッスンではスウォッチライブラリで オリジナルのライブラリの読み込みと 保存などを解説しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。