Illustratorで色編集完全ガイド

グレースケールのイラストに色をつける

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グレーで登録しておいたパターンや濃淡のみで作成したイラストに色をくわえる方法を解説します。
講師:
07:10

字幕

このレッスンではオブジェクトの 再配色を使用して グレースケールのイラストに 色をつけていく作業というのを解説します。 カンパニュラグレイという AI データが プロジェクトファイルの中に 入っていますので参照してください。 私はイラストを作成する時、特にこういう お花のイラストを描き起こす時は グレースケールで描き起こすことが多いです。 後から使い回しが楽なので。 このグレースケールで描いたイラストですね グラデーションを使っています。 それぞれこんな風にグラデーションが 適用されていますね。 パーツごとに違うグラデーションだったり 同じグラデーションだったりするんですけど。 こんな風にグレースケールの グラデーションで作ったイラストに 色をつけていくということをオブジェクトの 再配色でやってみようと思います。 一応これ花の部分と、緑の葉の部分ですね。 分けてグループ化をしています。 こんな風に作ってあります。 ではまずお花の部分から。 お花の部分を選択して、 Shift キーを押しながら選択できますね。 選択して、ここですね。 オブジェクトの再配色を選びます。 そうするとこんな風に グレースケールでずらっと 6種類のグレーで作ったグラデーションに なっていることがわかります。 現在のカラー「6」になってますね。 この状態で編集タブに切り替えます。 そして「ハーモニーカラーをリンク」を クリックします。 この状態でまず S ですね。 彩度の値をズバッとあげます。 赤になりました。 このままだと赤が強すぎるので 調節しますね。 明度の方に切り替えて少し彩度を下げますね。 そして彩度の方に切り替えて 少し明度をあげます。 こんな感じですかね。だいぶ赤が いい具合の赤になったと思います。 後はここです。リンクを外して一色ずつ、 ちょっとづつ、 色、色相をずらすということをしていきますね。 こんな感じです。 様子を見ながらずらしていくと 色にちょっと深みが出てくると思います。 こんな感じですね。 ちょっとここ濁ってますので 彩度を、明るさを上げますね。 これぐらいですかね。 どうでしょうか。赤い釣鐘草って あんまりないですけれども。 嘘っこの色ですけれども、 赤い花になりました。 では OK します。 緑の部分も同じですね。 こんな風に選択していきますね。 こんな感じでしょうか。選択しました。 これをオブジェクトの再配色。 緑は2色しか使ってないですね。 1つのグラデーションで作ってますね。 同じです。ハーモニーカラーをリンクして 彩度を上げる。 そして緑。今度は色相の方を いじっていきます。これぐらいですね。 緑はもともと彩度のすごく 低い色ですので 彩度をかなり下げて 50 %ぐらいまで下げますね。 こんな感じでしょうか。 緑になりました。簡単です。 こんな風にパーツに分けて単色の色を つけていく時は割と簡単に さくさくっと色をつけることができました。 ちょっと赤、いまいちだなと思ったら また選択して そして色調整をしてください。 こんな感じですね。 今度はハーモニーカラーをリンクしておいて そのままくるりと こんな風に回してやればいいですね。 もう少しオレンジよりの赤がいいな、 ですとか 彩度を少しあげたら鮮やかな感じに なるかな、とか。 微調整はこんな風に自由にできると思います。 では今度はこのグレーのイラストに いろんな色を着色していくという方法を オブジェクトの再配色でやってみます。 オブジェクトにひとつひとつ 色を設定してもいいんですけど パターンとかですと面倒くさいので いっぺんにやってしまいます。 調整しながらやっていけますので。 では全部選択してオブジェクトの 再配色を選びます。 カラーグループは使わないので 閉じておきました。 こんな感じですね。ではこの一番濃い グレーのところに色をつけていきます。 じゃあどれぐらいですかね。 ちょっと薄めの赤にしました。 こんな感じですね。 いろんな色をつけたいです。どの ハーモニールールを使ってもいいんですけど 色は全体に散っている ペンタードを使っていきます。 そうすると今グレーが6色あったものが 無理やり5色になってしまったので この階調の違うグレーが 同じオレンジになってしまっていますね。 ちょうどこの背景のオレンジと 葉っぱのオレンジ。 ここを分けたいです。そういう時は もう一段、新規列を追加します。 そしてこのグレーを下に持っていきます。 ここの2つの白は邪魔なので 下に追いやってしまいますね。 そうすると葉っぱのグレーだけになりました。 ここにクリックして色を追加します。 こんな感じですね。 ここの色を変えていきます。 このくらいですかね。 こんな感じの青でどうでしょうか。 こんな感じですね。 葉っぱの部分は青にしました。 白いお花と背景ですね。 もう少し色を調節したいなと思うので 編集タブに行きます。 ハーモニーカラーをリンクして 少し彩度を下げていきますね。 こんな感じですかね。 そして明度をいじっていきます。 こんな感じですね。どうでしょうか。 和風な感じに。和菓子っぽい感じの。 和風なイメージにしてみました。 OK します。 こんな風にグレースケールのイラストに 色をつけていくのも 調節しながら、全体の色を見ながら 調節しながら 色をつけていくということがオブジェクトの 再配色を使うとできますね。 このレッスンではオブジェクトの 再配色を使って グレースケールのイラストに色をつける というテクニックを紹介しました。

Illustratorで色編集完全ガイド

WebデザインやDTP、UIやグラフィックデザイン、パッケージデザインやイラスト制作―Illustratorの色の機能を使いこなすための基本から応用まで、さまざまなテクニックを交えながら解説します。 色のもつイメージをうまく表現し、より伝わり、訴えかけてくるようなデザイン、よりクオリティの高いイラスト制作を行うためにツールを使いこなして色を極めましょう。

2時間09分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年09月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。