はじめる!WordPress入門

テーマの準備

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新しいテーマを作成して、サイトを作る準備をします。
講師:
09:09

字幕

このレッスンでは 新しくサイトを制作するための テーマの準備について学習します。 最初に WordPress の インストールを行っておきます。 まだ、インストールを行っただけで 実際のサイトには何も設定をしていません。 サイトはデフォルトのテーマで 表示されています。 早速、新しいテーマを用意して サイトの制作の準備を始めましょう。 エディターに移動します。 今、画面の表示は 左側がローカルのファイル 右側がサーバー上の ファイルになっています。 WordPress をインストールしたフォルダから wp-content > themes に移動して 新しいテーマを作成します。 テーマはフォルダを作って作成します。 新規フォルダを作成して 好きな名前を付けます。 作成したフォルダの中に移動します。 予めテーマの管理画面で表示される スクリーンショットファイルを screenshot.png という名前で 用意しておき テーマフォルダの中に アップロードします。 次に index.php を用意します。 最後に style.css を用意します。 style.css を用意したら 開いて編集を行います。 style.css には コメントで 作成するテーマに関する 情報を記述していきます。 Theme Name には そのテーマの名前を記述します。 Theme URI には そのテーマの URL を記述します。 Author には テーマの作成者の名前を記述します。 Author URI には テーマの作成者の URL を記述します。 Version には そのテーマのバージョンを記述します。 テーマに関する情報は 他にも設定できるものはありますが すべて設定しておく必要はありません。 最低限 Theme Name と Author だけでも 記述しておけばいいでしょう。 編集が終わったら保存します。 テーマに最低限必要なファイルは これだけですので これでテーマの管理画面から このテーマを選択できるようになるはずです。 それではサイトに移動して テーマを設定してみましょう。 管理画面の「外観」>「テーマ」 をクリックします。 作成したテーマが表示されました。 画像は screenshot.png の画像が 自動的に表示されます。 早速「有効化」をクリックします。 これでオリジナルのテーマに 設定されました。 まだ何も記述していないので 実際には画面は真っ白になってしまいます。 次にテーマで使用する 機能を設定しましょう。 このテーマでは ウィジェットやカスタム背景 ポストサムネール等を使用しますので このテーマでそれらの機能が 使用できるように設定します。 もう一度エディターに移動します。 新しく functions.php を 作成します。 作成したら、開いて編集します。 WordPress のいくつかの機能は functions.php を使って その’機能の使用を宣言することで 初めて使用できるようになります。 最初に php の開始タグを書いて 宣言を記述していきます。 custom-background は カスタム背景を使用するための宣言です。 post-thumbnails は アイキャッチ画像 ポストサムネールを使用するための宣言です。 menus は メニュ―機能を使用するための宣言です。 register_sidebar は ダイナミックウィジェットを 使用するための宣言です。 if 文を使って、 register_sidebar という 関数が実行できるかどうかを 調べた上で register_sidebar を 実行します。 すべての記述ができたら php の終了タグを書いて 保存してアップロードします。 それではこれらの機能が ちゃんと使えているかどうか 管理画面に移動して 表示を確認してみましょう。 管理画面に移動します。 「外観」>「テーマ」 を開きます。 オリジナルのテーマで 「ウィジェット」「メニュー」「背景」の 機能が使用できるようになりました。 「投稿」>「新規追加」から ポストサムネールが使用できるように なっているかどうか確認してみます。 アイキャッチ画像のパネルが 追加されています。 WordPress でも通常の サイト制作と同様に サイトのデザインは主に CSS を使って行っていきます。 そこで本格的にサイトを作っていく前に ブラウザごとの設定等を リセットする CSS などを サイト制作に必要な CSS を 記述しておきましょう。 エディターに移動します。 CSS は最初に用意した style.css に記述していっても構いませんし 自分で用意した CSS を 個別に読み込むようにしても構いません。 ここでは style.css に必要な CSS を コピー&ペーストしておきます。 できたら保存をして アップロードしておきます。 これでサイトを制作していく 準備が整いました。 このレッスンでは WordPress で サイトを制作する上で 必要なテーマの準備について 学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日
再生時間:7時間01分 (89 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。