21世紀の農業改革!

プロペラの作成(3D)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3Dソフトで作ったプロペラ素材を読み込んで合成します。
講師:
06:57

字幕

このビデオでは 3D の素材を配置してみます。はいプロペラの部分ですね、このように Photoshop 内で作った映像とかあとこうした写真の切り抜きですね、こうしたものでですね配置していくのが一般的なんですが実はですね、今の Photoshop は3D の素材というのもレイアウトすることが可能になっています。なので今回は完全に2次元で作る場合はこういうのを使うんですけどこれを1回ですね、このプロペラのレイヤーとこの土台部分ですね非表示にしておいて3D の素材を読み込んで配置してみようと思います。3D の素材を作るのはPhotoshop だけではできないので他のですね 3D ソフトと連携ということになるんですが今回はあらかじめ用意してある素材があるのでそれを使ってやってみましょう。ではですね、はいえーこの講座の素材の中にこの拡張子が 3ds となっているですねファイルがあります。で例えばブリッジで見てみるこれ中身見えないですね。じゃあこれ何かなということでブリッジからですね、こっちをダブルクリックするとPhotoshop で開けるので見てみるとはいこんなのが出てきますねOKしてあげるとはいこのように「3Dレイヤーを作成します。3Dワークスペースに切り替えます?」と出てきますのでちょっと画面の表示が変わります。 これ「はい」とするとはい、こんなのが出てきました。ちょっと横になっていて分かりにくいんですけどこの「 3D モード」というところですね、ここでこの選択肢を選んでドラッグするとこれグルグル回すことができます。はいヘリコプターの上の部分ですよねプロペラの部分3D ソフトで作ってある素材です。このようにですね Photoshop は他の3Dソフトなんかで作ったデータ読み込んでこのように 3D 素材ですので自由に方向とか変えたりしてそしてですねさらにPhotoshop の処理を行えるとそんな機能が付いています。はいではこれを閉じてしまってこのですねプロペラの 3D 素材をこっちの方にレイアウトしてみようと思います。それでははいこの「 3ds 」の素材ですね、これを Photoshop のこの書類の方にドラッグアンドドロップします。するとこんな読み込みのダイアログが出てくるので これをOKとします。はいそうするとこんなんになるんですが、あれどこに行っちゃったんだろってところなんですけど実はこれ今飛行機の裏に行っちゃってます。レイヤーの方見るとこれがプロペラの素材の 3D レイヤーですね。そしたらですねこの「 3D モード」というところでこの矢印のようなこれを選んでドラッグしてみるとはいこんな感じで見えるようになりました。 じゃあこれをですねこのヘリの頭のところにレイアウトしようと思います。でこれですね こっちへ持ってくると今度はヘリの前に来てしまうのでこのレイヤー自体をですねドラッグしていってはいこのヘリコプターの1個下のところにですね これにドロップするとはい機体の向こうに隠れるようになりますね。はいじゃあまず頭のあたりに持ってきて今小さいですよね、はい、そしたらばこの「 3D 」というところ開けるとこのですね3D 素材の中のさまざまな属性について調整することが可能です。ではですね「現在のビュー」っていうところをクリックすると全体の見え方を変えられるのでまず小さすぎるのでもっとですねグイッと大きく見えるところに調整します。はい「現在のビュー」を選んでいる状態でここの「FOV」というところですね43 ミリってなってますけどこれがですねカメラのレンズのようなもので数字が小さいほどどんどん引いていって広い方向が写るとで写りが大きくなるほどズームして大きくなるというところなのでこれですね 74 にしておきましょう。はい、そして大きくなっちゃった分はみ出しちゃったのでこの「移動ツール」で持ってきます。そしてこんな感じでヘリの上のところに置いてあげます。 そしたらですねこのプロペラの回転なんかも例えばこっちのツールに切り替えるとドラッグするだけでこう調整できるんですね。角度もこれ上下に動かすとこんな風になるのでこれがですねちょっとかっこよく見えるようにもうちょっとでしょうかねこんなぐらいの見え方ですね。はいこれですとちょっとバランスがいいと思いますので、これぐらいの調整しときます。ちょっと位置がまだずれているのでここらへんに持ってきてはいこんなもんでしょうかね。はいこんな感じにするとヘリに非常に楽にですねプロペラが4枚付きました。3D ソフトでですねパーツを作れる方はパーツを作るのは 3D ソフトでやって最終的な合成ですとかいろいろレタッチなんかを Photoshop でやるとそんなのも結構一般的な作業ですね。そしたらですねあと1個今このヘリコプターこの前の方が影になってますけどこのプロペラの部分だけこっちが前の方光が当たっちゃってますね。これ照明の方向変えないといけないのでこのライトですね「 Infinite Light 1 」と言ってますけどこれをですね選びます。そしてこの部分ですねこれ動かしてあげるとこの影の付き方変わってますね。はい、そしたらこんな感じにして正面が影になるようにしてあげると影の方向もちょうど合ってきます。 はい、そしたらですね3D の作業終わったら通常に戻るのでこれですねこの「ワークスペース」というところこれ「写真」というのにするといつものような画面になります。これも閉じちゃってOKですね。はいもしまた 3D の作業やりたいときには「 3D 」とこれ切り替えてあげるとできるので適宜切り替えて作業を行ってください。

21世紀の農業改革!

このコースでは「軍用のヘリコプターを農作業に使う」というありえない空想上の風景をPhotoshopでリアルに再現していきます。複数の写真を合成してパノラマ写真を作成したり、3Dソフトで作ったデータを読み込んで加工したり、生い茂る麦畑など複雑な素材をマスキングしたり、最終的な画像イメージのバリエーションを比較・検討する方法などを学ぶことができます。

1時間18分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。