はじめる!WordPress入門

サイトの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
サイトの設定は途中で変えることができますが、できるだけ最初に行なっておきます。
講師:
08:21

字幕

このレッスンではサイトの 設定について学習します。 本格的にテンプレートファイルを編集したり 記事を投稿したりする前に 一通り設定画面から サイトの設定を行っておきましょう。 「設定」>「一般」に移動します。 サイトの設置はサイトを制作している間 いつでも行うことができますが メディア設定など、一部の設定は 途中で変更すると 不便なことがある場合がありますので この時点で一度全体を編集しておくことを お薦めします。 一般設定画面では サイトのキャッチフレーズや 日付に関する設定を行っておきます。 ここでは日付のフォーマットは 「カスタム」にし 四桁の年 . 0で埋めない月 . 0で埋めない日 に設定します。 時刻のフォーマットは 24時間表示に変更しておきます。 変更ができたら 「変更を保存」をクリックします。 次に「表示設定」を開きます。 このサイトでは、1つのページに 表示する最大の投稿数を 5件にしておきます。 「変更を保存」をクリックします。 次にディスカッション設定を開きます。 このサイトではコメントを受け付けるので 特に変更は必要ありません。 コメントやトラックバックを 受け付けたくない場合には これらのチェックを外しておきます。 一番下にある「アバターを表示する」の チェックを外しておきます。 「変更を保存」をクリックします。 次にメディア設定に移動します。 メディア設定の画面では サムネールのサイズを 220 × 75 中サイズを、幅と高さ 両方 400 にしておきます。 「変更を保存」をクリックします。 メディア設定を途中で変更すると それまでに投稿でアップロードした画像には 新しいサイズは自動では 反映されません。 その場合には画像を再度 アップロードする必要がありますので メディア設定はできるだけ早めに 決定しておくと良いでしょう。 最後にパーマリンク設定に 移動します。 パーマリンク設定では、投稿ページの URL を設定しておくことができます。 ここでは日付と投稿名を選んだ後に 「カスタム構造」を選択して 最後の部分を post_id に変更します。 こうすると、投稿ページはその投稿の 投稿日のディレクトリで表示された後に その投稿の ID で URL が表示されます。 URL は本当なら投稿名を使って 表示したいのですが 日本語の場合、投稿名がタイトルになるので URL に日本語が入ります。 日本語が入っても構わないという場合には 投稿名をそのまま使えばいいでしょう。 アルファベットにしたい場合 いちいち投稿するたびに 投稿スラッグでアルファベットを 指定する必要がありますので ちょっと面倒です。 post_id を指定しておけば その投稿の ID が URL になりますので 自動的に半角数字の URL になります。 編集ができたら 「変更を保存」をクリックします。 次に必要なプラグインの インストールと有効化 設定を行いましょう。 最初に「プラグイン」>「新規追加」に移動します。 初めに wp pagenavi というプラグインを インスト-ルします。 wp pagenavi を検索します。 「いますぐインストール」をクリックします。 インストールが出来たら 「有効化」をクリックします。 WP-PageNavi は デフォルトのページングよりも 高度なページングが使用できる プラグインです。 次に newpost catch というプラグインを インストールします。 newpost catch を検索します。 インストールします。 同じように「有効化」します。 Newpost Catch は 最近の投稿記事に ポストサムネールを表示できるようにする ウィジェットを追加してくれる プラグインです。 次に wp lightbox という プラグインをインストールします。 wp lightbox で検索します。 インストールします。 同じように「有効化」します。 デフォルトでインストールされている WP Multibyte Patch という プラグインも「有効化」しておきましょう。 今回はサンプルのサイトですので 有効化しませんが 実際にブログでコメント機能を 使う場合には スパムコメントを判別してくれる Akismet プラグインも 有効化して使用するようにしましょう。 最後に WP-PageNavi の 設定を行っておきます。 「設定」に追加された 「PageNavi」をクリックします。 「総ページ数用テキスト」と 「最初のページ用テキスト」 「最後のページ用テキスト」を削除して 空欄にします。 WP-PageNavi は デフォルトで pagenavi-css という CSS ファイルを使ってデザインされています。 このサイトでは1からオリジナルの デザインを作りたいので このチェックを外しておきます。 設定ができたら「変更を保存」を クリックします。 このレッスンでは最初に行っておく サイトの基本的な設定について学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。