21世紀の農業改革!

マスクわら

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ヘリコプターの前に飛び散る藁を合成します。
講師:
02:52

字幕

このビデオではヘリコプターの前の部分に藁を合成します。はい、機械でぶわーっと刈り取りを行っているのでここですね、藁くずが飛び散っているとリアリティがありますね。なのでそれを作ってみましょう。はい素材としてこれですね、この黒いバックの上にばらーっとなっている藁くず これを使います。はいそれではですねまずこれを独立したレイヤーにします。ダブルクリックして独立したレイヤーにしてそしたら「レイヤー」の「レイヤースタイル」「レイヤー効果」というところですね、これを開けます。でここにですねブレンド条件というのがあるんですが、これがですね、ここのとこの黒いスライダー動かしてあげるとどんどん黒い部分が無くなっていくんですね。どんどんこれを上げるほど黒い部分が無くなっていって段々明るいところも無くなっていくとでこれ真ん中ぐらいまでやるとちょうどいい具合に藁だけ無くなります。これですね Mac の方は Option キーWindows の方は Alt キー押しながらこれをさらにクリックして移動するとこんな感じでパカっと割ってですね。微調整ができます。はいこんな感じでOKしてあげると藁だけの素材ができるので、じゃこれですね「移動ツール」でドラッグしてこっちにドロップして持ってきます。 とりあえず一番上に置いときましょうかね。はい今ですね藁がちょっと明るすぎて変なのでこれですねちょっと暗くしたいと思います。ここにですね、調整レイヤーで効果をかけていくわけですけどこのままだとですね、ブレンド条件っていうさっきのやつが変わってこの藁自体が消えてしまったりするので1回ですねこれ右クリックして、「スマートオ-ジェクトに変換」ってやつを実行しておきます。はい、そしたらレベル補正の調整レイヤーをこの上に作ります。はいこれで動かすと全体に効いてしまうので、はい、下のレイヤーこれだけに効くようにこれをクリックしてそれでこれを動かしていくとはい藁の明るさが変わりますね。これでこんな感じにちょうど影になっている様な形の明るさにしてあげるとはいまさにここからぶわっと飛び散っているような感じですね。もう少し下に下げてこの機械のところからですね、どんどん飛び出ているような感じですね。はいこれ黒い台の上に置いてあっただけの藁ですけどこんな感じにレイアウトすることで空中を舞ってるようなものとして見せることができました。

21世紀の農業改革!

このコースでは「軍用のヘリコプターを農作業に使う」というありえない空想上の風景をPhotoshopでリアルに再現していきます。複数の写真を合成してパノラマ写真を作成したり、3Dソフトで作ったデータを読み込んで加工したり、生い茂る麦畑など複雑な素材をマスキングしたり、最終的な画像イメージのバリエーションを比較・検討する方法などを学ぶことができます。

1時間18分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月01日
再生時間:1時間18分 (21 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。