恐怖!スズメバチの来襲

ジャムの質感を強調する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ジャムにハイライト部分を作成し、質感を強調します。
講師:
03:48

字幕

このビデオではジャムの質感を強調していきます。この場面で、かなり強い光が当たっているのでもっとジャムが光を通すような質感が出てくるはずなんですね。それを作ってあげようと思います。ではまずトースト、この部分のジャムからやってみましょう。ここをちょっと拡大してトーストのレイヤーを選んでおきます。そうしたら、この「覆い焼きツール」というのがあります。これはなぞった部分をもっと明るくしていくというツールですね。では「露光量」というところとりあえず 30% ぐらいにしてこうしたジャムの壁面をちょっと何回かこうやってこすってあげるとちょっと明るくなってきたのが分かるでしょうか。ジャムの質感が出てきましたよね。やりすぎないようにある程度にやってあげるとジャムが強い光を受けて光が透き通っているような感じ出ましたね。こういったものをあちこちにやってあげるとこうした部分部分でここなんか かなり分かりやすいですね。どんどん質感が強調されてきます。こんな感じですね。いかがでしょうか。こういうところもいきますね。かなりジャムの質感がより立体的になったかと思います。次にこっち行きましょうかね。スプーンですね。スプーンのレイヤーを選びます。 同じようにこれで処理していくとここはかなり強く光が当たっているので横の方もこう透けてきた方がリアルですよね。このようにして部分部分で作っていって特にこの垂れてる部分なんかですね。この辺は光を通す量が多いはずなのでこのようにしてあげるとそうすると大分質感が良くなりましたね。じゃあこれに加えてこのジャムの縁のあたりですね。この辺もちょっとやってあげましょうかね。では瓶のレイヤーこれですね。これを選んであげて同じくこれで処理してあげるとこっちはやりすぎない程度でいいと思いますが大分違ってきますね。こうしたところも処理すると非常に質感が強調されます。こんな感じで、もうジャムの質感が強調されてより立体的な絵となりました。

恐怖!スズメバチの来襲

このコースでは朝食を食べているテーブルを巨大なスズメバチが襲うというシチュエーションを、リアルな質感でPhotoshopを使って再現します。太陽光線の再現や躍動感のあるレイアウト、ビンなど透明な素材を表現する方法や影で立体感を表す方法などについて学びます。写真のコラージュはもちろん、イラストを描いている方にも大いに役立つテクニックが満載です。

1時間09分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。