恐怖!スズメバチの来襲

動きを追加

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スズメバチ全体に、動きに伴うようなブレを作成します。
講師:
02:36

字幕

このビデオではハチに対して動きが付いているようなブレを表現します。はい今ですね羽根だけ動かしましたけどこっちのハチ本体もですね。完全に止まってる感じなんでちょっとおかしいので動いているような感じのブレを出してみたいと思います。ではですねこれハチ本体と羽根ですね、今バラバラのレイヤーになってますけどこれ一括で処理したいのでちょっと今まとめます。はいそれでは今ある4つのレイヤーですね、羽根とこの調整レイヤーとハチ本体ですね。これをまあ一番上を選んだ状態で Shift キーを押しながらここ選ぶと一遍に選べるので右クリックして「スマートオブジェクトに変換」としておきましょう。はいそうするとこんな感じに1個にまとまります。これスマートオブジェクトというのはこれダブルクリックするとこっちの中身ですね、また再調整できるという状態なので完全にレイヤー構成は失われてはいないんですね。はいではここに対してぼかしをかけてみます。では「長方形選択ツール」ですね、これを選んで選択範囲ですね、Shift キー押しながらドラッグしてあげてハチ全体がですね入るような形にします。はい、そうしたら「フィルター」のメニューから「ぼかし(放射状)」と、これを選びます。 はい、そしてですね、これで量は 5 でいいので「ズーム」 という方法にします。で「ぼかしの中心」ですね、ぼかしの中心はちょうど選択範囲の中央ぐらいからですね。で「画質」高いと これにして実行するとはいこんな感じにいかにも動いてるぞという感じのブレができました。でですね、スマートオブジェクトにフィルターをかけるとスマートフィルターという状態になるですね。でこれは この目玉をクリックするとこのフィルター自体をオンオフすることができるという大変便利な形になってるのでもしあとからフィルター再調整したいって場合にはここをダブルクリックするといつでもできるのでこういった場合にはスマートオブジェクトにしてフィルターかけてスマートフィルターという状態ですねしておくと便利です。さあこれがかかったことで一気に馴染んで良い感じになりましたね。はいこのようにして動きを表現します。

恐怖!スズメバチの来襲

このコースでは朝食を食べているテーブルを巨大なスズメバチが襲うというシチュエーションを、リアルな質感でPhotoshopを使って再現します。太陽光線の再現や躍動感のあるレイアウト、ビンなど透明な素材を表現する方法や影で立体感を表す方法などについて学びます。写真のコラージュはもちろん、イラストを描いている方にも大いに役立つテクニックが満載です。

1時間09分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。