断崖の風船マジック

岩にあたる波しぶきを合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
岸壁に当たる波しぶきを合成します。
講師:
02:51

字幕

このビデオでは岩と海の間に波を合成します。今の状態は海からいきなり岩になって変なのでここに波打ち際を構成してみたいと思います。それでは Waves.jpg ですね、これを素材とします。これを移動ツールを使ってドラッグして作業中の画面こちらに持ってきます。そうするとここにかぶってくるんですがこの状態だと後ろが見えないのでどこにおいてよいかわからないので一時的にこの今置いたレイヤーで不透明度をちょっと下げておきます。大体後ろがなんとなく後ろが見えるぐらい70% ぐらいにしておきますかね。70% にしたのでこれ移動させても見えますね。この岩の下の方を拡大してこれいましぶきがばしゃんと上がってましてここが後から持ってきた画像の岩と海の間ですね。ここが後ろの背景の岩と海の間ですね。こんな感じでこの波のラインを大体合わせたあげます。引いてみるとこんな感じですね。不透明度を無くすとこんな感じになりますね。また透明にしていくとこのようにかぶった状態になっています。それではですね、また後ろが多少見える状態にしておいたうえで持ってきた波の画像ですね、ここにレイヤーマスクを作成します。そして描画色は黒にしてブラシを持ってブラシ少し大きめに250 位でいいですね。 ここの海と岩の境目と波は使うんですがこの上の方とかは使わないのでこういうとこを大まかにささーと消してしまいましょう。この波うち際の周辺は使うのであまり削りすぎないように慎重にちょっと残してもいいですね。全く使わない部分は一気に消してしまいます。マスクしてしまいます。これで大分いらない部分がなくなったのでこれをベースにさらに作業を進めていきます。

断崖の風船マジック

このコースでは足がすくむような断崖絶壁にロープを張ってその上でダンスをする、どこかユーモラスな光景をPhotoshopを使って作成します。複数の写真を使ったパノラマ写真の作成や異なる素材のカラーマッチング、カスタムブラシの作り方や日光や反射などの表現、また写真を絵のような質感に調整する方法や海の上に自然な波を合成するテクニックなどを学ぶことができます。

1時間31分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。