Photoshop 合成ワークショップ:断崖の風船マジック

遠くの岩礁に波を合成

全400コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
遠くの岩礁の下部に波を合成します。
講師:
09:19

字幕

このビデオでは遠くの岩礁のこの下のところにこっちの bay.JPG という素材のこの部分の波ですねこれを合成します。こっちに持ってくるわけですが今こっちの素材が向きが逆なんですね。こっちが左が開いていますがこっちは右が開いているのでこれをまず反転させようと思います。このレイヤーですねこれをダブルクリックして独立したレイヤーにします。そして「編集」メニューの「変形」から「水平方向に反転」を実行します。これで方向があってきたので「長方形選択ツール」を持って大体山のこんなもんでしょうか。ここら辺からこっちの端が入るくらいですね。こっちのこの岩のすこし上ぐらいまでこれぐらいの選択範囲を作ってMac のかたは Command キーWindows の方は Ctrl キーを押しながらC を押します。これでコピーされたのでこっちに移って Commandもしくは Ctrl と V を押すとペーストされますね。これだとちょっと大きすぎるのでもちろん大きさを調整します。このレイヤーの不透明度ですね75% ぐらいにしてちょっと後ろが見える状態にしてそしたらMac のかたは Command キーWindows の方は Ctrl キーを押しながらT を押してハンドルを出します。 そしたら Shift キーを押しながらこのコーナーをドラッグしてこのように大きさを調整します。でですね、コツとしてはこの下に向かってなだらかに落ちてるこれですね、こっちの岩のこのラインからつながるような感じの位置に丁度置いてあげるとこれがうまく繋がるコツですね。縦位置をちょっと後ろが薄いですけれど後ろの岩のラインが全部隠れて全部波打ち際になるような感じですね。ではこれでダブルクリックして確定します。不透明度はまだいくらでも変えられるので最初に大まかにこの周りを削っていきます。ではこれにレイヤーマスクを追加します。描画色は黒にしてブラシをもって不透明度まず 100% でよいのでこれでこのいらない部分ですね、周り大まかにざざーと削っていきます。これでこんな感じで削ってこれで基本ができましたね。そしたら後は不透明度を戻して、後はこちらのいらない部分を削りつつなじませる作業に入ります。不透明度まず 20% ぐらいにして中の方ですねいらない部分を削っていってもうちょっと削りましょうか。40% ぐらいにして最初上の方はいらないのである程度スピーディにやりつつだんだんですねグラデーション的になだらかに下の岩になっていくような形にしようと思います。 この辺ですね、徐々に変わったりですね。色をこの後調整するのでまだ多少色が違いますけれどね。この辺の部分ですねちょっとズームしましょう。この辺の繋がりが一番ポイントになってくるのでまずこの辺は下を出しちゃってOKですね。そしたらこの辺を削りすぎないように持って行ってあげてちょっとブラシサイズを小さくしましょう。不透明度 80% ぐらいにしてこの辺ですね丁寧に削って行きます。ちょっと削れ過ぎている所は描画色を白にしてちょっと戻してあげたりします。ちょっと行ったり来たりしながらですね。そしたらブラシの硬さこれも0 になっていますけどこれを硬くしてあげて岩の角の所は細工してあげるとくっきりした感じになりますね、このエッジのところも硬さのあるブラシで擦ってあげることでハードな輪郭になりますね。そしたらまた硬さ 0 にして不透明度 30% ぐらいにしてですね。この辺ですねなじませていきましょう。海のこの色も徐々に変わるような感じにしてあげてこの辺のつながりも大分一様になってきましたね、この辺がさらになだらかに1枚の岩になっているような感じですね。これで大分繋がりました。そしたらこれで色を調整します。 そしたらですね「レベル補正」ですねこれを入れてまだくっきりし過ぎているのでこの辺ですね。下のレイヤーだけに適用しつつレベルを変えてちょっとうっすらした感じですね、これを出していきます。そしたら今 RGB 全体になってますけどチャンネルを「ブルー」に変えてあげてブルーのこのポイントですね若干こっちよりですね、左寄りですね、ほんとに若干やったげると過剰な緑が抜けて雰囲気があってきますね。さらに「レッド」のところを若干こちら右側にしてあげるとこれぐらいで大分色は似た感じになったかと思います。これでちょっと引いて全体を見てみるとこんな感じですね。仕上げですねもう少しこの辺をつなげてあげましょう、ブラシでこっちですねブラシでこんな感じにするともう色も合ってるのでかなりすんなりとつながりますね。こんな感じで引いてみたところまだ若干色が濃い感じなのでまたレベル補正に戻って、これをダブルクリックしてですね、今度はRGB の方で明るさを少し上げてあげればこれでもうかなり一体感が出たかと思います。これで奥の島にも波打ち際ができました。

Photoshop 合成ワークショップ:断崖の風船マジック

このコースでは足がすくむような断崖絶壁にロープを張ってその上でダンスをする、どこかユーモラスな光景をPhotoshopを使って作成します。複数の写真を使ったパノラマ写真の作成や異なる素材のカラーマッチング、カスタムブラシの作り方や日光や反射などの表現、また写真を絵のような質感に調整する方法や海の上に自然な波を合成するテクニックなどを学ぶことができます。

1時間31分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2014年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。