断崖の風船マジック

ロープ用のパスを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ロープ用のパスを作成し、そこにブラシでロープを描画します。
講師:
03:30

字幕

このビデオではロープを描くためのパスを作成してブラシでロープを作成します。この部分ですねこの辺の部分にロープを渡すんですが、いきなりブラシで描くんではなくてまずですね、ペンツールでパスを描いてそこをなぞる形で作業します。それでは早速やってみましょう。スタートの位置が大体この辺ですね、まず最初の点を1個打ってちょっと上ぐらいですねこれぐらいに2個目の点を打ったらクリックしたのを離さずにちょっと伸ばしていくとこんな感じで曲がるので少ししなるぐらいですね。これぐらいのカーブにして放してあげます。Mac のかたは Option キーWindows の方は Alt キーを押しながらこのハンドルを動かしてちょっと下に向けてこの辺2個目を打ってちょっと伸ばしてちょっと曲げてやります。では今度はハンドルを横に向けて3個目これぐらいですね、で軽く曲がります。また調整してゴールがこの辺ですね、打ってあげるとこんな形のパスになります。そしたらこの「パス」というところを開けて「作業用パス」というのが選べるのでこれを選びます。そしてレイヤーですね、ロープを描くための新しいレイヤーを一番上に作ります。そしたらブラシに切り替えてブラシオプションを開けてロープように作ったカスタムの先端ですねこれを選んでおきます。 そしたら次のように調整してください。まずこの間隔というところこれを調整するとこういう感じに連続の間隔が調整できて73 位にしておくともうロープっぽいですね。こんな形でできます。そしたら「シェープ」というところに移動して「サイズのジッター」の「コントロール」を「フェード」としてください。そうするとだんだん細くなっていきます。その値を 300 とすると大体こんな浅さでいいぐらいに細くなってきますね。「最小の直径」というところ3% としてください。あまり小さい 0 になってしまうと先端がとがりすぎてしまうのでちょっとだけ上げてあります。そして「真円率のジッター」のこのところこれも「フェード」としてください。そうするとこんな形の線になるはずです。そしたら次に描画色ですけど黄色の濃い目の黄色の色相のところでちょっと鮮やかさがないくらいオード色ですね。こんな色にしてください。そして OK します。そしたらですねパスが作業用パスが選ばれていますね。そしたら画面の下のところこれです。「ブラシでパスの境界線を描く」これをクリックするとこんな感じに線が引かれます。ここをクリックしてパスの選択を外してですねちょっとアップしてみるとこんな感じにブラシでロープが描かれています。 これをもとにしてロープっぽい質感を作っていきます。

断崖の風船マジック

このコースでは足がすくむような断崖絶壁にロープを張ってその上でダンスをする、どこかユーモラスな光景をPhotoshopを使って作成します。複数の写真を使ったパノラマ写真の作成や異なる素材のカラーマッチング、カスタムブラシの作り方や日光や反射などの表現、また写真を絵のような質感に調整する方法や海の上に自然な波を合成するテクニックなどを学ぶことができます。

1時間31分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。