断崖の風船マジック

風船をペーストする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像上に風船をペーストします。
講師:
05:19

字幕

このビデオではダンサーの上空に風船を合成します。では素材の中の balloons.jpg ですね、これを切り抜いてダンサーの上のこの辺に合成してみたいと思います。まず今背景1枚の画像になっているのでこれをダブルクリックして独立したレイヤーにします。そしたらこの空の部分これを選択してみましょう。こういった時は「クイック選択ツール」です。もうこれはっきりしているのでこんな感じにささっとちょっとだけドラッグするだけで選択されます。そしたら「選択範囲」こっちの風船の方を選びたいので「選択範囲を反転」とします。そしたらですね、クイック選択で選択した時こういった細かい部分が抜けていたりするのでまずはよく注意してフォローし切れていないところをブラシサイズを小さくしてこんな感じにフォローしてあげます。大体見た感じよくみえるんですが実際に切り抜いてみると結構粗かったりします。そういうとこはですね、選択ツールを選んでいる状態で「境界線を調整」というボタンが出てくるのでこれをクリックします。すると境界線の調整というモードになります。黒バックになっていますけどバックはですね、好きな色に変えることができます。これで「エッジの検出」の「スマート半径」これをオンにしてちょっと上げてやると選択範囲がずいぶん滑らかになってよりきれいな形で切り抜くことができました。 こんな感じに色を変えてみるときれいにぬけてるか分りやすいのでこれだと大丈夫そうですね。そしたらですね、「出力」というところです、「出力先」をレイヤーマスクにします。そうするとレイヤーマスクが作成されて切り抜かれた状態となりましたでは「移動ツール」を使ってドラッグしてこっちに移してここにドロップしますそうするとまだ風船が巨大ですねMac のかたは Command キーWindows の方は Ctrl キーを押しながらT を押してShift キーを押しながらドラッグしてあげてサイズを整えます。人物と対比して大体こんなもんでしょうかね。あまり小さくしすぎても迫力がなくなるのでこんなぐらいにしますかね。そして上空に持って行ってそして少しですね、こっちからひもが張られることになるので角度をつけます。こんなもんでしょうかね。この状態でダブルクリックします。そしてまたですね、縁が残ってしまっているので風船のレイヤーマスクを選んでブラシで描画色黒ですねこれで周りをササッとケアしてあげるときれいになくなります。そしたらですね今度は実はもう1個 single_balloon.psdという風船の素材もあるのでこれをドラッグしてあげてこちらの方に持ってきますポンとですね置いてあげるとこれ左手の方にはこれが持たれているというやつですね。 そしたらこれもMac のかたは Command キーWindows の方は Ctrl キーを押しながらT を押して縮めます。そしたらドラッグしてこっちの風船と同じくらいの大きさにしておきます。そしてこっちの上空ですね。これもですね、拡大してやると線が出ているのでマスクを選んでブラシで周囲の 線を 消しますそしたらですね Command もしくはCtrl キーと T を押してちょっと傾けます。こんな感じにするとダンサーの上空に風船がある状態となりました。

断崖の風船マジック

このコースでは足がすくむような断崖絶壁にロープを張ってその上でダンスをする、どこかユーモラスな光景をPhotoshopを使って作成します。複数の写真を使ったパノラマ写真の作成や異なる素材のカラーマッチング、カスタムブラシの作り方や日光や反射などの表現、また写真を絵のような質感に調整する方法や海の上に自然な波を合成するテクニックなどを学ぶことができます。

1時間31分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。