未来からの訪問者?

3D設定の準備

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
背景のファイルを開き、その上に3Dのオブジェクトを読み込みます。
講師:
03:59

字幕

このビデオでは 3D 素材と背景の合成と全体の準備を行います。今開かれている Basis.jpg というこれが背景となるファイルです。これを背景としてこの上に 3D のオブジェクトですね。3D のタイムシップを合成してシーンを作っていきます。ではその 3D の素材ですがNCC.psd というファイルになっています。これは拡張子 psd というPhotoshop の形式のファイルですが既に 3D ソフトで作ったオブジェクト、それを読み込んでこのように配置してある状態となっています。今の Photoshop で対応している3D のファイルを開くとこのような形で 3D のレイヤーとなって、後で様々な変更が加えられる状態となっています。もうここは 3D ソフトから読み込んだ状態です。なので 3D のオブジェクトになっているのでこの 3D の素材を使う場合にはこのワークスペース、これ 3D というやつを選んでおくとそれに対応したツールが色々出てきます。そして 3D のレイヤーが選ばれている時に移動ツールを選んでおくと、このようなツールが選べるようになって選んだものによってこのように動かすことが可能になっています。 このようにレイアウトしてからきっちりと動かしていこうと思います。それでは 3D 素材といってもこれは通常のレイアウトと同じように扱うことができるのででは、ここにこの Basis.jpg の中身をペーストしてみましょう。それでは Basis.jpg を開いて移動ツールを選択したらドラッグして NCC.psd の方に持っていきます。そして切り替わったら、ドロップするとこのように背景画像が置かれるのでこれは ドラッグして合わせたらぴったり大きさが合うはずです。そしたらこっちの 3D のレイヤーを一番上にドラッグしてあげるとこのように、もう何かかっこいい雰囲気になっていますね。この背景の上に 3D のオブジェクトが置かれた状態となりました。それでこれから作業をやるわけですがその前にちょっと基本的な設定のところを見ておきたいと思います。Mac の方はこの Photoshop メニューの中の「環境設定」Windows の方は「編集」メニューの一番下に「環境設定」があります。「環境設定」>「3D」というところです。これを開けると 3D に関する設定が色々あります。基本的にあまりいじる必要はないですけど1個だけちょっと見て頂くと、「3D で使用可能な VRAM 容量」というのがあります。 VRAM というのはビデオ用のメモリですね。これが多いと 3D を滑らかに扱いやすい というのもありますが今 Photoshop で使用する量100% となっています。入っているだけですね。それでもし例えばPhotoshop の裏で3D のソフトとかそれらが動いていた場合はそっちも使うので 100% だと競合してしまうことがあります。なので Photoshop の 3D 機能を一番快適に使うのであればバックグラウンドで3D ソフトなんかが走っているもしくは走る、といったらそれを終了させてPhotoshop だけにしておくと、全部使うことができるので有利になってきます。もし自分で 3D のモデリングしたものをPhotoshop でエディットする場合はちょっとソフト2本立ち上げたりしそうですけど、できればこっちに 100% 割り当てた方が有利にはなってきます。さあ、この状態から作業を進めていきます。

未来からの訪問者?

このコースではSF映画の一幕のような光景をPhotoshopを使って再現していきます。3D素材の読み込みやライティングの調整、光の反射の作成や画像の明るさ調整など画像編集のさまざまなテクニックを学ぶことができます。自分でイラストを描く方にも大変役立つテクニックばかりです。ここで学んだテクニックを、ぜひとも自分のスキルとして身に付けてください!

1時間06分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。