未来からの訪問者?

ビルの上に投光機を描画

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビルの上に投光機の明かりを追加します。
講師:
02:50

字幕

このビデオではここの部分のような投光器の明かりですね。これをこっちのビルの屋上にも追加します。こっちからぴかーっとですね。このシップを照らしている投光器ですが、こっちからも光があったほうが雰囲気が出るので1個追加してみましょう。こういった場合幾つかの方法があるのですがまず1個考えらるのとして素材を使う方法ですね。この講座の素材の中のこのファイルですね。これをちょっと Photoshop で開いてみます。そうするともう光のピカーンというきらめきですね。これが画像になっているものですね。例えばこういったものを持ってきてあげて配置します。そしてこういった位置に持ってきて、例えばこの描画モードを変えてあげるとこのような形で周りの今オーバーレイにしてみましたけど、周りの灰色の部分がなくなって光だけ残る、とこんなやり方もできます。これが1個なのと後、ブラシを使って描くこともできるのでその方法をちょっとやってみましょう。では新しいレイヤー それを1枚作ります。そしたら描画色は白にしておきます。こんな白ですね。そしたらブラシを選択してブラシのオプションでブラシプリセットですね。この中から「カスタムブラシ」これを選びます。 そうするとカスタムブラシの中にこんなのがあります。はい、「星のきらめき」というのですね。これを選んでおきます。そしてこれ大分小さいので直径をかなり思い切ってアップさせてあげると、もう 1500 位。もうちょっと小さく1200 位にしましょう。そうするとこんな感じで光のピカーッという形ですね。出来てくるのでそれを例えばこの位置に持ってきてクリックしてあげると、こんな感じにピカーッと光が出ましたね。ではもう少しこっちと合わせるようにサイズを幾分縮めて 1000 にしましょう。ではこの部分に2回ぐらいクリックすると、こちらからも光がピカーッと当てられているような雰囲気になりました。このようにして光を描き込んでいくとより印象的な画面になっていきます。

未来からの訪問者?

このコースではSF映画の一幕のような光景をPhotoshopを使って再現していきます。3D素材の読み込みやライティングの調整、光の反射の作成や画像の明るさ調整など画像編集のさまざまなテクニックを学ぶことができます。自分でイラストを描く方にも大変役立つテクニックばかりです。ここで学んだテクニックを、ぜひとも自分のスキルとして身に付けてください!

1時間06分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。