未来からの訪問者?

明るさやコントラスト、色を調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面全体の明るさやコントラスト、色などを調整します。
講師:
04:59

字幕

このビデオでは全体の明るさを調整します。それでは仕上げに入っていきます。全体の明るさを調整してみましょう。まずこの部分の空がちょっと明るすぎるので暗くしてみたいなと思います。では背景の1個上に「色調補整」から「レベル補整」を適用します。そしてレベル補整の上でまずこっちのガンマ。これをちょっとだけ絞ってあげてそしてこちらの白いほうも絞ってあげると、こんな感じの色になりますね。大分落ちた色になります。ではこの状態を全体にかけるのではなくてここら辺だけにかけたいので滑らかにグラデーション状に段々かかっていくようにします。それではこのレベル補整のレイヤーマスク、これを選んだ状態で描画色は黒にしておきます。そしてグラデーションツール。これを選びます。そしてこれですね。描画色から背景色へというのですね。そしたらもうこの辺は効果ができてほしいので、この辺が白になって欲しいんですね。この辺はかかってほしくないので、大体これぐらいの形でグラデーションを作ってあげると、はい、ここ見てください。斜めになっていて、こっちの方にだけ効果がかかっていてこちら全くかかっていない、と。このようにグラデーション状に効果が変化する状態を作れました。 それでは全体の雰囲気を変えていきます。では一番上に「色調補整」の中から白黒、これを適用します。そうすると当然白黒になってしまうのですが、この調整レイヤーの描画モードをオーバーレイにしてください。するとこのような形で、色が出てきます。コントラストがだいぶ上がりましたね。白黒の調整レイヤーをオーバーレイで重ねると、こっちの白黒のバランスを作るスライダーを使ってカラーを調整することができます。ではちょっとズームして、少し寄せてここから調整していきましょう。まず全体にかかり方がきつすぎるのでこのレイヤーの不透明度を70% ぐらいにしておきましょう。すると幾分和らぎます。そしたらこれでブルー系をちょっと落としていくと、全体に引き締まった感じが出ますね。シアン系はちょっとプラス方向位に持って行って、はい、こんな感じでこんな設定にしてあげるとかなり真ん中の光も強烈に感じますし、全体が引き締まって渋い雰囲気になりましたね。それでは次は これをやりましょう「色相・彩度」これを入れます。それでこの彩度だけいじります。これを思い切り左に持っていくと白黒になってしまいますけど、これを若干真ん中より左寄り-20 位にして鮮やかさをちょっと抑えてより渋い雰囲気を強調します。 そしたら更に「トーンカーブ」これを追加します。これで全体のコントラストを調整します。では真ん中の辺りをまずクリックしてポイントを作って、若干落としたような感じですね。こんな感じにします。そうしたら上の方でこう少し持ち上げて、そうすると明るい所をグイッとコントラストが上がるのでそうしたら、この下の方ですね。これをちょっと持ち上げて暗くなりすぎないようにこっちをちょっと持ち上げると、こんな感じの霧のところがより質感が出てくるので、はい、こんな風に調整してみました。さあどうでしょう。全体から渋くていい雰囲気になったのではないでしょうか。元々のこの調整レイヤーない状態だと、割とこんな明るい状態なんですけどこれが入ることで一気にドラマチックな雰囲気を強調することができました。

未来からの訪問者?

このコースではSF映画の一幕のような光景をPhotoshopを使って再現していきます。3D素材の読み込みやライティングの調整、光の反射の作成や画像の明るさ調整など画像編集のさまざまなテクニックを学ぶことができます。自分でイラストを描く方にも大変役立つテクニックばかりです。ここで学んだテクニックを、ぜひとも自分のスキルとして身に付けてください!

1時間06分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年11月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。