カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

カラープロファイルの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
カラープロファイルの設定方法について解説します。
講師:
05:24

字幕

このビデオではカラープロファイルの設定について解説します。これからこの講座では写真の色の調整について解説していきますが、まずはこういったコンピュータ上の画像というのは見ているモニターだとか、後は例えば紙に印刷する時のプリンターだとかそうした出力の条件によってどうしても色というのは違って見えてきます。例えば今皆さんが使っているこの講座を見ているパソコンの画面で「これはばっちりだ」と思うように調整しても、他のパソコンのモニターに持っていったら全然違うように見えてしまう。全然ということはなくても、どうもちょっと違った感じの色になってしまうということが大様にして起こります。なので Photoshop のような専門的な画像処理においてはカラープロファイルという共通する情報を持って、その情報にあっていれば概ね、別の機械とか印刷機に持っていっても同じような色で表示されるというそうした情報を利用して作業を行います。ではどこで確認するかというと、「編集」メニューここの下の方です。このほうにまず「プロファイルの指定」というのがあるのでまずこれをちょっと開けてみましょう。そうすると今、開いている画像のプロファイルという情報が何なのかというのが分かります。 全く情報がない場合には「カラーマネジメントを行わない」とかなってますし、今ここにチェックが入っている「作業用 RGB sRGB」とこの情報が今この画像のカラーマネジメント色の代わりに使われています。またはそれ以外にこんな感じにいろんな種類があってどれかになっている場合にはそれが選ばれています。そしてちょっと動画では分かりくいかもしれませんがこの画面を見て頂くと、今これ sRGB というカラープロファイルになっていますがそれをこっちを選んで別のプロファイルにしてしまうと、はい、微妙に色が変わったのがお分かりでしょうか。そしてプロファイルを変えると色が変わってしまいますね。そしてこの元々選ばれているやつにするとバランスよく見えますけど、こんな風にプロファイルのミスマッチが起きていると違う色で見えてしまいます。逆にモニターの調整なんかもこのプロファイルにきちんと合わせて調整してあればほぼ A というパソコン、モニターで調整したものもB というパソコンで調整したものも大体同じに見える、とそんな感じになってます。では今この画像のプロファイルが何か分かったら、次に「カラー設定」という所があるのでこれを開けてみましょう。 そうするとこれ、この Photoshop で作業を行う時、通常この RGB という所で作業を行いますがその時にはどのカラープロファイルを使用するかということで今さっきこの画像に使われていたsRGB というのになっていますね。これも同じなので基本的にこれになっていれば同じもの同士であれば同じように見える、といったところです。そして初期設定ではこんな感じですけど、チェックしておいた方がいい項目としてこの画面の中のここですね、「プロファイルの不一致」。今作業に使うこの sRGB 以外のカラープロファイルを持った画像を開いた時にここですね、「プロファイルの不一致」という所。開くとき、ペーストする時とここにチェックを入れておくと警告してくれます。そうすると「あっ、違うものかな」この素材は違うカラープロファイル持っているんだなということで一式で作業が行えます。これですね、この部分オンにしておくとそれがすぐわかって便利です。そして例えば、今これは sRGB というカラープロファイルで扱われているこの画像。ちょっと作業の都合上、「別のカラープロファイルを使わなければいけない」とただこの今持っている色のバランスをそのまま保って変換したいという時にはさっきのプロファイルの指定だと、プロファイルを変えると色が変わってしまいますが「プロファイルの変換」というのがあります。 これを使うと、こっちで他の異なるカラープロファイルを選んでOK とすると、できる限り現在のカラーバランスを保ったまま他のプロファイルに変えることができます。なので、もし作業の都合上他のプロファイルを指定しないといけない、ただもう今のカラーバランス崩したくないという場合には「プロファイルの変換」、こちらを使ってください。通常はですね、この初期設定の sRGB 。これで作業を行って、画像自体のカラープロファイルもこれの sRGB のままでいいですけど、一応そういったものがあるということを知識として持っておいて、もし必要な時には的確に使用できるようにしておいてください。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。