カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

彩度の調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色調補正の「色相・彩度」及び「自然な彩度」を使った調整を解説します。
講師:
05:04

字幕

このビデオでは写真の彩度の調整を行ってみます。それでは「色調補正」の中からまず、このアイコンです。「色相・彩度」と出てくるので、これをクリックして追加してみます。するとこんなコントロールが出てきますが、今回はこの中のこれだけ使います。「彩度」、鮮やかさの度合いと書いて彩度と呼びますね。これどういったものかというと、試しにまずこれを左方向に動かしてみると、どんどん色がくすんだ感じになります。どんどんくすんだ感じになって、そして1番左にもっていくと、完全に色がなくなって白黒になります。逆にこれが真ん中よりも右、数値がプラス方向になっていくと、色がどんどん鮮やかな色になってきます。このように、読んで字の如くですね。色の鮮やかさの度合いを設定するのがこの「彩度」という所ですね。でも鮮やかさが全くないと、白黒とこれはいいですが、問題はこっちのプラス方向で、まだこれぐらいはいいですけど、これをどんどん進めていくと段々非常にべたっとした色になってきてついには目一杯持ってくると、こんな感じにちょっと破綻してしまいます。このように、彩度は上げすぎるとどんどん不自然な色になって最後にはもうべたっと破綻してしまう。ノイズも出てしまう、と。 こんな感じになってくるのでこれは極端なので分かり易いと思いますが、段々ある地点を超えると、部分的におかしなところが出てくるのでこういったところが出ないようにほどほどに掛けてやるのを意識しないとちょっとまずいことが起こることがあります。そして彩度はこの一種類だけではなく、ではこれを1回オフにしますね。実はもう1種類あります。それがこれです。「自然な彩度」というのがあるのでこれもクリックして加えてみましょう。そうすると今度2つのスライダーがあって、下に「彩度」、同じのがありますね。こっち持ってくるとまた白黒になって、逆にあげてやると鮮やかになっていく、と。ただこっちの彩度は上げきっても、完全に破綻するとこまではいかない位に抑えてあります。このように、これ自体も違いますしもう1個ある「自然な彩度」というとこですね。では彩度を 0 にした上でこちらの「自然な彩度」を動かしてみると、これはですね、見て頂くと分かると思いますが読んで字の如く、自然です。まずこれが元の画像ですけど、目一杯上げても全体的に上がってしまうのではなくポイントポイントですね。例えばこの石畳なんかほとんど変わらないですが、このおじいさんが着ているジャンパーとか後この木々の緑、そういったとこだけが丁度いい具合に上がっています。 この「自然な彩度」というのは人間の目に見て自然に見えるようなアルゴリズムで彩度をあげることができる、と。これ大分後の方になってPhotoshop に加わった機能です。但し「自然な彩度」はこれをマイナスに持っていっても完全な白黒にならない、と。こっちもちょっと緑とか残ってますね。このように全体にいっぺんにかかるのではなく、控えめに、適所適所にかかるような設定になっています。そしてこの自然な彩度のパネル上にある彩度は左に持っていくと、完全に白黒になって、ただしプラス方向にもっていってもある程度控えめにかかってくれるという形になっています。なので通常彩度だけを調整するという場合にはこっちの「自然な彩度」というパネルを使うと一番実用範囲上いいかな、と思います。勿論掛かる範囲はこっちの「色相・彩度」の方が強いのでもし狙いがあるのであればこちらを使ってより鮮やかなとこに持っていってもいいですが、通常の使い方の中ではこれはもう破綻といってもいい掛かり方になるのでよほど意図があるとき以外は彩度の調整はこちらでなく、自然な彩度の方ですね。こっちの組み合わせによって使うのがいいかなと思います。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。