カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

ヒストグラムについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ヒストグラム」の見方と使い方を解説します。
講師:
05:50

字幕

このビデオではヒストグラムについて解説します。こういった写真がある時、通常見た目の印象で明るいとか暗いとか判断しますけど、では本当にデータとしてこの写真が本当に明るいのか暗いのか、そういったところを例えばモニターの環境なんかに左右されずにきちんとした、印象だけでなく裏付けを持って判断したいというケースがあります。そういった時にはこれを使ってください。「ウィンドウ」メニューの中に「ヒストグラム」というのがあるので、これをクリックします。そうするとこんな感じのグラフが表示されます。この傾向表示みたいに表示された時にはここをクリックすると、現在の画像の状態が正確に反映された状態になるので1回クリックしてあげてください。このヒストグラムというグラフですが、これで左に行くほど画像の中の暗いピクセル、暗い部分、こういったところですね。右に行くほど明るい部分、こういう白なんかを表しています。そして暗いところ、明るいところ、それぞれが横軸になっていてそれが「それぞれでどれぐらいの量あるか」というグラフになっています。ただ、最初に表示させるとこんな感じにグチャッとした表示なっているのでこれ何の事だかよく分からなくなってしまいます。 これは何かというと、今、この画像の持っている RGBRed Green Blue の全部のチャネルがいっぺんに表示されているからです。では、これを見やすく直す方法なんですがパネルのこのオプション、これをクリックします。そうすると、こんな感じに表示の仕方を変えられるので今「コンパクト表示」、初期状態だとこれになっているのですけど、ちょっと「拡張表示」としてみましょう。すると、ちょっと詳しい情報が色々出てきましたね。では、さらにこれを「全チャンネル表示」としてみると、こんな感じにこのグシャッと全部出ていた所だけでなく、このレッド、グリーン、ブルーとチャンネルごとに分かれて出てきました。更に、このトータルの部分も今「カラー」となっていますけどこれを例えば RGB というとこを選んでみると、全部の平均を見ることができます。このようにして、見やすい表示してあげることができます。そして、これを見てみると例えばこのレッドの成分、これは明らかに他のグリーンとブルーと比べても暗いほうですね。暗いほうが多いという傾向になっています。そしてグリーンとブルー、何となくちょっと似てはいますけどブルーのほう見るとこっちの右端のところ、完全にベタッと出てしまっています。 これはこのベタッと出てると、完全に白く飛んでしまった部分になります。レッドのこの左にベタッとくっついている部分、これは「黒くつぶれてしまっている」という部分になります。もう完全にこうなってしまってると、通常のとこでは完全に復活させる事はできないですけど、こんな感じに、「どれぐらいの白飛び黒潰れがあるか」とそういったところも判断することができます。このヒストグラムなんですけど、作業の展開によって色が変わってくると、更にリアルタイムで変化していきます。例えばレベル補正の調整レイヤーなんかを作ります。では、これをちょっと見やすいようにこちらに入れておいて、はい、同時に表示させながら作業してみますね。例えば今、これ、こっちにもヒストグラムの表示出ていますね。これも RGB になっているので例えばブルーにしてあげると、今こっちの表示、同じになっていますね。ほぼ同じような表示になっています。そしてこのレベル補正を操作してみると、こちらのレベル補正の方のヒストグラム表示は操作しても変わらないですけど、こっちのヒストグラムのウィンドウの方はこの操作によってどれぐらい変わったかがリアルタイムで変化していきます。 なので、この画像がどう変化しただけではなく、状態がどう変化したかというのを知るためにはこの部分ではなくてこの別ウィンドウのヒストグラムを使うと、大変便利になっています。また、ここのグラフだけで判断してもいいですけど、もう1つ例えば、はい、このレイヤーのパネルとタブになっているこのチャンネルという所がありますけど。はい、これですね。元の画像のレイヤーを選んであげて、今 RGB 全部のチャンネルが出ている状態なのでカラーになっていますけど、例えばこれでレッドのチャンネルだけを選んでおくと、レッドのチャンネル、暗い部分が多いという状態になってましたけど、これ分かりますね。こんな感じで真っ暗になっている部分が結構多いなと判断できます。例えばブルーにしてあげると、こういったとこですね。かなり白く飛んでいるような感じの所が多いというのが、実感を持って分かります。こんな感じに、判断はこっちのヒストグラムとチャンネルごと、単体表示させるというのをしても便利ですね。特にこうした色補正の作業を行う上で見た目の印象だけでない、実際にどれぐらいどのチャンネルの成分があるかなというのは是非ともヒストグラムを使って判断してあげてください。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。