カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

自動修正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自動調整の機能を使って、全体の色や明るさを手軽に修正する手順を解説します。
講師:
04:18

字幕

このビデオでは自動調整の機能について解説します。Photoshop ではかなり自分で細かく設定して色を直すということはもちろんできますが大体のところ、自動的に直すという機能もついています。では、ちょっとやってみましょう。まずこの写真ですね。ちょっと夕暮れ時なのでかなり黄色みが強いのと、ちょっと全体的にちょっとだけ暗いかなという感じですね。そういったとこを直したいとして、これ概ね、もう少しすっきりした感じ、自動で直したいという場合にここが使えます。「イメージ」のメニューの中にある「自動トーン補正」、「コントラスト」、「カラー補正」と3種類ありますけど、この部分ですね。これらを実行することによってこの画像の中のバランスの悪い所を自動的に直すということができます。ではまず「自動トーン補正」というのをやってみましょう。これを掛けると、極端な黄色みが消えて全体もちょっと明るくなってちょっとすっきりしましたね。では、これを戻したいと思うのでMac の方は CommandWindows の方はCtrl 押しながら Z 押してください。これで今のを取り消しました。使用前を比べてみると、大分違いますよね。 これ使用後ですけど、かなりすっきりした感じになっています。そしたら「イメージ」のメニューの「自動コントラスト」はどうかというと、微妙に変わりましたけどあまり変わらないですね。こういう場合もあります。次は「自動カラー補正」。これも微妙に色が変わりましたけど、極端に黄色いのが少しすっきりしたぐらいであまり変わらないですね。なので、この場合は「自動トーン補正」が一番効果が出る、と。これは画像によって違います。画像の種類によって内容が違ってくるので、一番いいかなと思う結果が出る物は違ってきますが、ただ、これらは実行してしまうと画像そのものは変わってしまうので例えば、比べるだけでも今みたいに掛けては戻して、掛けては戻してとやって面倒くさい上に後から取り除くことはできません。それはちょっと面倒なので、色調補正の調整レイヤーを使って同じことを試すことができます。それでは 「トーンカーブ」これをクリックして、調整レイヤーを作ります。そうしたらこのパネルのこのオプションを開いて「自動オプション」というのがあるのでこれを開きます。そうすると今ちょっと、パッと変わりましたよね。ここに「アルゴリズム」というのがあるのでこれを選んであげると、こんな形でちょっとずつ内容を変えて自動調整してくれます。 例えば、これなんかさっきの上手くいったのと同じ感じですね。では、これがいいかなと思ったらOK してあげると、トーンカーブは実際にはこのグラフの方をドラッグしてあげて自分で調整するのですが、その調整をある程度自動でやってくれる、と。ここからちょっとだけ手動で変えるいうこともできます。また、この状態はいつでもオンオフできて要らなければ消すこともできますし、また、この「自動オプション」を開き直して別の物を選べば結果も変わります。このように手間をかけずに比較できるうえに元の素材も壊さずに置いて於ける、と。Photoshop の作業は何につけ、こうした元の素材を壊さないという状態でやっていくと効率よくできるので是非とも自動補正、大まかな調整には便利なのでこちらのトーンカーブの方の機能を使って試してみてください。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。