カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

マスクなしで特定の部分を色調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マスクを使わずに、特定の部分の色を調整する手順を解説します。
講師:
04:18

字幕

このビデオではマスクを使わずに特定の色だけを変更する手順をご紹介します。今こういった写真があって青い花が1個だけ咲いていますね。例えばこの花の色だけを変えたいという場合、通常はここにマスクを作成してそして色を変える作業をするというのが一般的なんですが、この写真のようにこれ全体が緑色でここだけ青い花ですよね。こうしたケースの場合にはマスクをわざわざ作らなくても、ここだけ変えるという手段が存在します。ちょっとやってみましょう。では「色調補正」で「色相・彩度」これを適用します。そして使うのはこの「色相」なんですがこれを動かすと、このようにカラーがオフセットされてずれていくわけなんですけどこのままやると全部変わってしまいますね。これをマスクを作ってここだけ適用してあげればここだけできるわけですけど、こうした1か所だけ色が違う場合にはこの部分今「マスター」となっていますがマスターになっていると全体が変化しますがこれを特定の色域に限定します。今回の場合花がブルーなのでブルー系、これにして色相を動かしてみるとこんな感じで花の色が変化しますね。しかも緑の部分は影響がない、とこのようにマスクを使わずに手軽に変えることも可能です。 ただパッと見はこれでもいいかなと思いますが拡大してみると、エッジの部分がちょっと甘いですね。こういったところをケアしたいときにはどうするかというと、下のこの部分ですね。このハンドルが出ている一部分のエリアだけ選択されていますけど、この範囲を変えてやるとどれぐらいの色域をカバーするというのが見ることができます。ではどれぐらいまでやれば適切なのかなという見方なんですけどちょっと1個やりやすいやり方として、例えば彩度を一時的に一番左にもっていって色を抜いておきます。そうしたらこの状態でこの色域のバーを操作して広げていったりすると、ある地点までは影響が無いですけどある地点を超えると影響が出始めますね。これ分かり易いですよね。ではこの影響がでないぎりぎりぐらいの所まで広げてあげて彩度を戻してあげると、はい、更に少し広めの範囲を選ぶことができる、と。そしてこんな形で最初青かった花がこのピンク色にできる、とこんなことをすることもできます。そしてこの色域毎の調整ですが1か所だけこうやってやることもできますし、何か所か同時にやりたいな、なんていう時にはこのスポイト。例えばプラスと書いてあるスポイトをクリックしてそして同時に変更したいなという色、それを選びます。 こう全体の中でちょっと濃いめのグリーンのところ、これを選んでみます。こんな感じにするとこっちの背景の方の薄い緑の方は変わってないですね。だけど今選んだ最初に選んだ部分とこの追加して選んだ濃い緑の部分だけ選ばれていて、そこだけこのように色を変化させることができる、と。はい、ここだけとなれば彩度凄く上げるとか下げるとかそんなことも可能になります。こうしてある程度色の変化がはっきりしている素材の場合にはマスクを作るよりも遥かに簡単ですので是非とも試してみてください。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。