カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

部分的に色調補正を適用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーマスクを使って、部分的に色調補正を適用する手順をご紹介します。
講師:
04:27

字幕

このビデオでは画面の半分だけに調整レイヤーを適用する手順をご紹介します。今画面の方にある写真ですが雲と海が写っていますね。そしてこの写真、雲はこれでもいいかな思うのですが海がちょっとくすんでしまって何か寂しい感じですね。なのでここの色を直したいのですけど、調整レイヤーを「色調補正」の調整レイヤーを使うと基本的に画面全体が変わってしまいます。ちょっとやってみましょう。例えば 「自然な彩度」を入れてあげて、ちょっと海がくすんでいるので自然な彩度を上げようかなと上げてやると、海の色が中々エメラルドで良くなったのですけど、そうすると空がちょっと、これは何か不自然すぎるなという感じがしますね。更に海をもう少し明るくしたいななんていう時に例えばトーンカーブですね。「トーンカーブ」入れてあげて少し海が明るくなる様にこれを上の方にクイッと持ち上げつつ、ちょっとこの下の方この辺を下げてあげて、はい、こういう風なカーブにしてあげると海がだいぶ良くなりましたけど何か空がちょっとノイズも見えてしまってどうも上手くないですね。なのでこういった調整を加えたうえで空は元のこのトーンのまま、そして海だけ調整後のこのすっきりした感じにしてみようと思います。 ではまずこの今合計2個ですね。トーンカーブと自然な彩度これができましたけど、これを両方選びます。1個選んである状態でShift 押しながらもう1個クリックすると両方選べます。そしたら、この部分。このメニューから「レイヤーからの新規グループ」これをクリックします。そして OK とすると2個の調整レイヤーが1個のグループにまとまって一気にオンオフできます。ではこのまとまったグループ、これをこの海の方だけに適用する手順をやってみます。グループが選んである状態で下の方にこんなアイコンがあります。これが「レイヤーマスクを追加」ですがこれをクリックします。するとこんなものが付きます。レイヤーマスクというのは作成したマスクの白い部分は見えて黒い部分が見えなくなるというのですが、それをこの調整レイヤーのグループに対して適用します。では今これプレビューなんですけど真っ白の状態ですのでグラデーションツール選びます。そして描画色黒の背景色白ですね。こんな構成にしておいて、黒から白、描画色から背景色へこんな感じの物を選んでおきます。そうしたらこの画面の真ん中あたりから徐々にして明るくなっていくようにこのマスクに対してグラデーションを描いていきます。 これぐらいでしょうかね。はい、そうするとどうでしょう。ここら辺から徐々に効果が出てきて海まで来るとしっかりと効果が掛かるようになっているので、空は元の色のまま海は調整した後ですね。海の部分にだけ上手いこと効果がかかりました。そしてこのレイヤーマスクを適用した時にはこの属性のパネル、ここで例えばこの「濃度」というのを調整してあげるとどれぐらいマスクの効果があるかなというのも調整できますし、また、境界ですね。マスクの境界をぼかすなんてこともできるので今回はグラデーションでやっているのでそんなぼかさなくてもいいですけど滑らかに変化していくように調整することもできます。こんな風に1か所の処理だけでなく画面の特定の部分だけに処理を加える、とこれも是非とも活用してみてください。

カメラマンのための実践Photoshopカラーコレクション講座

このコースでは撮影した写真の色をもっと自然に、もっと自分の意図通りにコントロールするためのさまざまなPhotoshopのテクニックを学べます。モニターのキャリブレーションからホワイトバランスの調整や色かぶりの解消、複数の写真のカラーマッチングや明るさやコントラストの調整、赤目や色収差の解消など数々のカラーコレクションテクニックを身につけることができます。

2時間02分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。