はじめる!WordPress入門

Revision Control

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
投稿を編集すると自動で保存されるリビジョンが増え過ぎないように制限できるRevision Controlプラグインの使い方を解説します。
講師:
02:41

字幕

このレッスンでは保存される リビジョン数をコントロールする Revision Control プラグインの 使用方法を学習します。 初めに「プラグイン」>「新規追加」から Revision Control を検索して Revision Control プラグインを インストールしておきます。 インストールができたら 「インストール済みプラグイン」の一覧から Revision Control を 有効化します。 リビジョンとは固定ページや 投稿記事に 保存される記事のバックアップです。 記事を編集したり タイトルを変更したりするたびに WordPress ではその記事の 過去のバージョンを 保存しておくようになっています。 便利なリビジョンなのですが 自動で保存されていくため 気づくと大量のリビジョンが 保存されてしまい 画面が見づらくなってくることがあります。 この保存されるリビジョン数を コントロールできるのが Revision Control です。 それでは実際に設定をしてみましょう。 Revision Control を有効化すると 「設定」の中に 「リビジョン」が追加されますので クリックします。 投稿ページと固定ページ それぞれに保存するリビジョン数の 最大数を設定することができます。 投稿のリビジョン数を 3にして 「変更を保存」をクリックします。 変更ができたら もう一度先程の投稿を確認してみましょう。 この状態で「更新」ボタンを押せば 自動的に保存されるリビジョン数が その数に制限されるようになります。 このレッスンでは投稿や固定ページの リビジョン数を制限する Revision Control プラグインの 使用方法について学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。