Illustratorでロゴマークをデザインする

クリッピングマスクを利用した表現

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、あるオブジェクトを、他のオブジェクトを利用したマスクで隠してしまう機能「クリッピングマスク」の機能を使った表現をご紹介していきます。
講師:
10:43

字幕

このレッスンでは あるオブジェクトを他のオブジェクトを 利用したマスクで隠してしまう機能 「クリッピングマスク」の機能を使った 表現をご紹介していきます では早速 左のサンプルから見ていきましょう ズームツールを使って 拡大しておきます このシンボルマーク ロゴマークは 正円をベースに作られています いくつかの正円を組み合わせて作られています ということで一番最初に 「楕円形ツール」を使います 「塗り」を濃い目の紫にしておきます OK を押したら Shift キーを押しながら 正円を描きます そしてマウスを離してキーボードを離すと 上手く正円を描くことができます では選択ツールに持ち替えて この今描いた正円を複製します Option キーまたは Alt キーを 押しながらドラッグをすることで 複製します 複製ができましたらこの2個目 こちらのオブジェクトを 塗りアイコンが手前に出ていることを確認して 赤い色に変更します 今回は「スウォッチ」の中の このレッドを使います 赤に変更しました 次にこの白い三日月のような形を作ります この形は2つの正円を 組み合わせてできています 赤い正円を複製して この三日月を作るための 白い正円を2つ作りましょう キーボードの― Option キーまたは Alt キーを 押してドラッグします 先にマウスを離して 後からキーボードを離すと きちんと複製ができます そして「塗り」をダブルクリックして 今 CMYK のカラーモードで 作業していますので C:0 M:0 Y:0 K:0 白を作ります OK をクリックします もう1つこの正円を増やして 三日月形を作ります またOption もしくは Alt キーを 押しながらドラッグします このように少しずらしたところで マウスを離します 2つの白い正円を描くことができました この2つを使って手前の正円で 後ろの正円を型抜きします メニューバーの「ウインドウ」から 「パスファインダー」を出して こちらの機能を使っていきます 2つの白い正円を選択します Shift キーを押しながら 1つ目2つ目両方の正円を選択してください 次に形状モード こちらの左から2番目 「前面オブジェクトで型抜き」 こちらをOption キーを 押しながらクリックします 型抜きがされました こちらを編集したいときには ダブルクリックをすると このように編集モードに入りますので― この重なり具合を少し変えるなどの 編集を行うことができます 編集が終わりましたら 何もないところをダブルクリックして 編集から抜けます ではこのできあがった三日月と赤い正円を― 紫色のこの円の枠 こちらでクリッピングマスクしたいと思います クリッピングマスクを作るためには マスクされるオブジェクトが グループになっていることが必要です 三日月こちらをまず選んで Shift キーを押しながら 赤い正円も同時に選んでください 選びましたらメニューバーの 「オブジェクト」>「グループ」にします グループ化されましたので 次にマスクをするための正円を準備します 一番後ろの紫色の正円を選んで 「編集」>「コピー」 そして「編集」>「同じ位置にペースト」 こちらを選んでください そうすることで一番手前の重なり順に 同じ位置にペーストされました Command + Z で元に戻して ではこちらの一番手前の正円と その下にあるグループを同時に選んで クリッピングマスクを作っていきます 一番手前にある正円で その下にあるグループを クリッピングマスクします 同時に選択をしたらメニューバーの 「オブジェクト」から 「クリッピングマスク」>「作成」 を選んでください こうすることでこの円からはみ出ている部分が マスクされて隠されました 消えてしまったわけではありませんので ダブルクリックをするとまた編集が可能です この2つのオブジェクトの重なりを 変えたいというときなど このように位置を変えることができます 編集モードから抜けるためには 何もないところをダブルクリックして 抜けてください では2つ目の作例にとりかかりましょう Space キーを押しながら手のひらツールに 一時的に変換して画面を移動してきました 次にこのパイナップルのような形 こちらを作ります まずはベースとなる楕円形を描きたいので 「楕円形ツール」を選択します 次に「塗り」こちらをダブルクリックして 少しオレンジ掛かったような黄色を 選択しておきましょう OK をクリックします パイナップルのベースになりそうな ころんとした感じの楕円を1つ描きます 選択ツールを使って 何もないところをクリックして 一度選択を解除してください 次にこの黒いラインを描きます 「塗り」をなし 「線」を黒にしてください 黒は C:0 M:0 Y:0 K:100 にしておきます OK です 次に線の太さを変えたいと思います メニューバーの「ウインドウ」>「線」 こちらのパネルを選択して 線幅 線の太さを 4 pt にしましょう そして直線ツールを選択して 斜めの線を1つ描きます 次にこの斜めの線を複製していきます 選択ツールに持ち替えて― キーボードの Option キー またはAlt キーを押しながら 下の方にずらすと複製されます さらに Shift キーを足すことによって 移動方向が垂直方向に制限されますので 網目1マス分位 離れたところで マウスを離してください 次にキーボードを離します この後繰り返し作業をしたいので メニューバーの「オブジェクト」から 「変形」>「変形の繰返し」 を選択します 複製が繰り返されました これをキーボードショートカットで 行うためには Command + D を押していきます 全体で6本か7本位になると ちょうどこの楕円をカバーする位になりますので 複製をしていきます この今できあがった黒い斜め線を 裏返して複製することで 網目にしたいと思います 選択ツールで黒い斜め線だけを選んでください この楕円形を選ばないように 線だけを選択してください 選択できましたら ツールパネルの 「回転ツール」の下に入っている 「リフレクトツール」を選択します そしてリフレクトツールそのもののアイコンを ダブルクリックしてください リフレクトの軸を垂直にして プレビューすると 裏返った様子を見ることができます 「コピー」をクリックしてください こうすることにより 元を残したまま複製して裏返す ということができます では先ほどの作例と同様に この網目をグループ化して クリッピングマスクしたいと思います 選択ツールを選んで 網目すべてを選択します このとき楕円を選ばないように注意します 次にメニューバーの 「オブジェクト」>「グループ」 そしてこの黄色の楕円を選んで 「編集」>「コピー」 そして「編集」>「同じ位置にペースト」 一番手前の楕円と その下にあるこの網目のグループを 同時に選択します そしてメニューバーの オブジェクト>クリッピングマスク>作成 こうすることによって 手前にクリップされた網目 その下に黄色の楕円という重なり順になります 最後に葉っぱを作りたいと思います 一度何もないところをクリックして 選択を解除したら 「塗り」を黄緑色にしてください OK を押します 次にペイントツールを使って クリック クリック― これを何回か繰り返して 葉っぱが3~4本ある状態を作ってください 最後 一番最初に打った アンカーポイントのところで打って― パスを繋げます この葉っぱを一番下の 重なり順に変えたいと思います 選択ツールを使って 葉っぱを選択した後 メニューバーの 「オブジェクト」>「重ね順」>「最背面へ」 を選んでください 葉っぱが一番下に入りました 後はこの全体を選んで バウンディングボックスを使って 傾けておきます 葉っぱの向きですとか太さ 本数などは お好みで調節をしてください 以上 とあるオブジェクトを 他のオブジェクトを利用したマスクで隠してしまう クリッピングマスクの機能を使った表現を ご紹介しました

Illustratorでロゴマークをデザインする

このコースでは印刷用途でもWeb用途でも需要の多い「ロゴマーク」のデザインについて、その基本的な考え方や多様な制作テクニックを解説します。紙に描いたアイディアスケッチをIllustratorドキュメントに配置してトレースする手法や、頭に浮かんだアイディアを実現するためのオブジェクトを扱うテクニックなどさまざまなヒントやTIPSを紹介します。

3時間17分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。