Illustratorでロゴマークをデザインする

文字をアウトライン化し変形する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、文字を図形として変換する「アウトライン化」の機能について解説します。
講師:
05:16

字幕

このレッスンでは 文字を図形として変換する― アウトライン化の機能について 解説をしていきます 今 ご覧いただいている画面に 「green」という文字が置いてあります この 「green」という文字は 文字情報を持っている状態です 試しに 「文字ツール」を選択して この様に 一文字を選択して 打ち変えることができます いくらでも この様に消して 編集をすることが可能です 今 いろいろ編集してしまいましたけども 「green」に戻しておきます さて もし このデータを渡す相手― 例えば 印刷屋さんですとか 別のデザイナーさんに 「これがロゴタイプです」と言って お渡しする時 相手の方がこのフォントを 持っていない場合もありえます 先方のマシンに このフォントが インストールされていない場合 このデータを開くと 違うフォントに変換されてしまいます そうしますと こちらで意図した通りの デザインに仕上がりませんので このテキストを 「アウトライン化」という処理をして 図形に変換してしまいたいと思います 「選択ツール」に持ち替えて こちらの「green」という テキストを選んでおきます そしてメニューバーの「オブジェクト」>... 失礼 メニューバーの「書式」> 「アウトラインを作成」を選びます そうしますと このテキストの周りに アンカーポイントが沢山見えてきたのが お分かりになりますでしょうか? 「ズームツール」を使って拡大して もう一度 使用前・使用後を見てみましょう Command+Z か Ctrl+Z で 1つ前に戻ります 文字の情報を持っている場合 この欧文の場合は ベースラインと呼ばれるラインの所に ブルーの線が引かれた状態になっています そして この文字の周りには 特にパスやアンカーポイントなどは 見えていない状態です これがアウトラインを取った後 アウトラインを作成した後になると ベースラインにあったブルーの線が 無くなった代わりに 文字を囲むように パスとアンカーポイントが見えてきます この操作をすることで 文字をアウトライン化することができました 別の方法で この文字が きちんとアウトライン化されているかどうかを チェックすることができます メニューバーの「ウィンドウ」> 「ドキュメント情報」のパネルを開きます 右上のドロップダウンメニューから 「選択内容のみ」のチェックを外します このチェックを外すことによって ドキュメント全体の情報を チェックすることができます 次にチェックしたいのは 「フォントの詳細」という項目です 今 こちらの「green」という文字を アウトライン化しましたので 「フォントの詳細」の所に 「なし」という文字が入っています このドキュメントでは フォントを使っていないということです では 試しに Command+Z か Ctrl+Z を押して 1つ前の段階に戻ります アウトラインをしていない状態を もう一度見てみましょう そうしますと 今度は この「ドキュメント情報」の 「フォントの詳細」欄に 情報が沢山でてきました ここでは Bree-BoldOblique という名前の フォントを使っていて そのフォントには こういう特徴が あるということがダラダラダラ...と 沢山の情報が表示されてきました 「ドキュメント情報」パネルの 「フォントの詳細」をチェックすることで アウトライン化が行われているかどうか もし 行なわれていない場合は ここにフォント情報が出てきている ということを覚えておいてください では ここではもう一度 メニューバーの「書式」> 「アウトラインを作成」を選んでおきましょう もう1つ ご紹介しておきたいのは この文字はもう図形化されてしまっているため アンカーポイントやパスなどを 動かすことができます 例えば「ダイレクト選択ツール」を使って ここにあるアンカーポイントを この様に動かしてしまうことも可能です 文字のアウトラインを取った後に ご自分なりのアレンジを 加えていくということもできます 以上 文字を図形として変換する アウトライン化の機能について 解説してきました シンボルマークやロゴマークの 作成だけではなく レイアウトしたデータを印刷する際にも よく行う手段ですので 是非 覚えておきましょう

Illustratorでロゴマークをデザインする

このコースでは印刷用途でもWeb用途でも需要の多い「ロゴマーク」のデザインについて、その基本的な考え方や多様な制作テクニックを解説します。紙に描いたアイディアスケッチをIllustratorドキュメントに配置してトレースする手法や、頭に浮かんだアイディアを実現するためのオブジェクトを扱うテクニックなどさまざまなヒントやTIPSを紹介します。

3時間17分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。