Illustratorでロゴマークをデザインする

基本図形にブラシのタッチを適用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、正円や正方形などの基本図形にブラシのタッチを適用して、ちょっと変わったニュアンスのある造形をしていく方法を探ります。
講師:
10:48

字幕

このレッスンでは 正円などの基本図形に ブラシのタッチを適用して ちょっと変わったニュアンスのある 造形をしていく方法を探ります 作例を2つご用意してありますので ご一緒に見ながらやっていってみましょう まずは左側の作例から進めます 「ズームツール」を使って ズームしてみます 顔のような形のシンボルマークですが この顔の周囲が正円をベースにしています 正円をまず1つ描いてみましょう 「楕円形ツール」を選択して Shift キーを押しながら ドラッグします Shift キーを押すことで 正円を描くことができます マウスを離してから キーボードを離すと 正円の形をキープすることができます では 早速この正円の線に対して ブラシのタッチを適用してみましょう 「ブラシ」パネルを開きます 「ブラシ」パネルのアイコンですが ブラシ立てにブラシが3本立ったアイコンです これがある方は これをクリックして 「ブラシ」パネルを開いてください こちらが表示されていない方は メニューバーの「ウィンドウ」から 「ブラシ」を選択します 「ブラシ」パネルが開きましたら左下にある 「ブラシライブラリメニュー」 こちらをクリックして さらに「ブラシ」パネルの中に たくさん格納されている色々なタッチの カテゴリーごとに開いていきます 「アート」を選択して 「アート」の中の「インク」 こちらを選択します 「アート_インク」のパネルが開きました もしパネルを開いたときに このように短い状態になっている方は 右下をつまんで縦に伸ばすと 中に入っているものが見やすいと思います では 「アート_インク」パネルの中の 下から2番目 「先細」を選択したいと思います 「先細(丸い)」を選択したいと思います 選択ツールで必ず先ほど描いた オブジェクトを選択しておいて 「アート_インク」パネルの中の ブラシのタッチをクリックします すぐにこの線に対して ブラシのタッチが適用されました では次に 塗りに対して 今度は色をつけたいと思います 対象のオブジェクトが選択されている状態で 「塗り」アイコンを手前に出した後に ここでは「スウォッチ」の中で 少しオレンジがかった黄色を 選んでおきたいと思います 何もないところをクリックして 選択を解除します あとは 顔のパーツを描き足して いきましょう まず 目から書いていきます 塗りを黒 線をなしの状態にします 「楕円形ツール」に持ち替えて Shift キー押しながら 小さな正円を1つ描きます マウスを離して 後からキーボードを離します 選択ツールに持ち替えて 目をちょうどいい場所に持っていった後に キーボードの Option キーもしくは Alt キーを押して ドラッグをすることによって オブジェクトを複製します この時 Shift キーも一緒に押すことで 移動を水平方向に制限することができます 今ここでは Option もしくは Alt キーに加えて Shift キー 2つのキーを押している状態です マウスを離してから キーボードを離します そして 何もないところをクリックして 選択を解除してください 次に 鼻を描きたいと思います 鼻は線だけに色がついていて 塗りには色がない状態です ということで 線を黒 塗りをなしの 設定にします 次に 「ペンツール」に持ち替えます ペンツールはクリックして アンカーポイントをつないで パスを描いていくツールですが この時に鼻の下の横の線 この横の線を完全に水平にするには Shift キーを押しながらクリックします そうしますと 移動方向が水平方向に 制限されますので きれいな線を描くことができます Command キーもしくは Control キーを押しながら 違うところをクリックして ペンツールでの描画を解除します では この鼻の線を今度は太くしてみましょう 「選択ツール」で鼻の線のちょうど上を クリックして選択します 線パネルを開きます メニューバーの「ウィンドウ」から 「線」を選択してください 「線」パネルが開きましたら 線幅をお好みの太さ ここでは「 4pt 」 にしておきます あと 2つ変更したいところがあります 1つはこの線の端っこ 今ぱつっと切れた状態になっていますが これを丸くしておきたいと思います 作例のほうご覧いただくと 切れたところが丸くなっていることが お分かりいただけると思います 選択ツールで鼻の線を選んだら 「線」パネルの上から2番目の項目 「線端」こちらを 「丸型線端」に変更します もう1つは この鼻の先の角の部分の形です 今描いた線はここは尖っていますが 作例では丸くなっています このようにするには 先ほど描いた線を選択し 「角の形状」をこれを 「ラウンド結合」に変更します この辺りはお好みで構いませんが この作例では丸い雰囲気 かわいい雰囲気を 重視したかったので このように変更しました 最後は口の部分を作りましょう 塗りを黒 線をなしにします 「楕円形ツール」で Shift キーを 押しながら 正円を1つ描きます 「ダイレクト選択ツール」に持ち替えて 上半分の円弧のちょうど中央にある アンカーポイントを上手に選択します そして キーボードの Delete キーを 押してください ズームツールで拡大をしてみると この口ですが 今消したところの半円の直線の部分が パスがない状態です これを直すためには 選択ツールに持ち替えて キーボードで Command+J もしくは Control+J を押してください そうしますとこの切れてしまったところを パスをつなぐことができます 「手のひらツール」をダブルクリックして 全体表示に戻します あとは 口の部分を バランスの良い場所に持っていって完成です では 右側の作例も作っていきましょう キーボードの Space キーを押しながら 一時的に手のひらツールに持ち替えます ちょっと拡大率が高すぎるので 「ズームツール」を選んで キーボードの Option または Alt キーを押しながら クリックすることで ズームアウトしていきます こちらの作例ですが えんどう豆のさやの部分が半円 楕円形の右半分の円弧でできています ということで「楕円形ツール」を選択して 長めの楕円を1つ描いていきます 塗りをなし 線は色が ついている状態にしてください 今度使うのは アート_木炭・鉛筆のカテゴリに 入っているタッチです 一度今開いている 「アート_インク」を閉じて 「ブラシ」パネルの左下の 「ブラシライブラリ」から 「アート_木炭・鉛筆」を選択します 「木炭・鉛筆」のライブラリが開きましたら 上から2番目にある 「チョーク(太)」 こちらをクリックしてください このようにタッチが反映されました そして左半分を消しておきましょう 「ダイレクト選択ツール」を選んで 左側のアンカーポイントだけを選びます キーボードの Delete キーを押します 右半分の円弧に対してタッチが 適用された状態になります 色を変更します 「スウォッチ」から黄緑色を選びます 何もないところをクリックして 選択を解除します あとは この豆の部分を作りましょう 「楕円形ツール」を使って 線をなし 塗りを緑色にしておきます Shift キーを押しながら 小さめの楕円を1つ描きます 「選択ツール」に持ち替えて 楕円を Option または Alt キーを 押しながら下方向にドラッグします 複製されましたので これを繰り返したいと思います メニューバーの「オブジェクト」から 「変形」「変形の繰り返し」を選択します このすべてのパーツを 選択ツールで囲むように選んで メニューバーの「オブジェクト」から グループ化することで まとめて扱えるようにします あとはバウンディングボックスを使って このように傾けて完成です ここまで 正円等の基本図形に ブラシのタッチを適用して ちょっと変わったニュアンスのある シンボルマークの作成方法について ご説明してきました ブラシツールを使わなくても ブラシパネルを基本図形に適用することで このような作品を作ることができますので 是非試してみてください

Illustratorでロゴマークをデザインする

このコースでは印刷用途でもWeb用途でも需要の多い「ロゴマーク」のデザインについて、その基本的な考え方や多様な制作テクニックを解説します。紙に描いたアイディアスケッチをIllustratorドキュメントに配置してトレースする手法や、頭に浮かんだアイディアを実現するためのオブジェクトを扱うテクニックなどさまざまなヒントやTIPSを紹介します。

3時間17分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。