Illustratorでロゴマークをデザインする

ロゴタイプを入れて仕上げる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、トレースして作成したロゴマークと組み合わせて利用するロゴタイプを作成し、2種類のロゴマークのパターンを作成していきます。
講師:
09:41

字幕

このレッスンでは トレースして作成したロゴマークと 組み合わせて利用する ロゴタイプを作成して 2種類のロゴマークのパターンを 作成していきます 作成するのは縦組みと横組みの2パターンです 今ご覧いただいている画面には 1つ前のレッスンで仕上げをした シンボルマークが表示されています こちらを利用しますが 今のままですと少し大きいので 縮小しましょう 選択ツールを使って このシンボルマークの オブジェクトを選択した後に バウンディングボックスを使って Shift キーを押しながら 縦横比率をキープしたまま縮小をします 少し左側に寄せておきます この後 この下にロゴタイプを入れましょう 今回歯医者さんのロゴマーク という設定ですので 「文字ツール」を選択して 歯医者さんの名前を入れていきます クリックします コントロールバーに現れる 「文字」という テキストリンクをクリックして 「文字」パネルを開いた後に 今回フォントは「 Impact 」 というフォントを使ってみます 検索をして「 Impact 」 という書体を選択した後に フォントサイズを「 60pt 」にします もしフォント Impact がない方は お好きなフォントにしていただいて お手持ちで似た雰囲気のものに していただいて構いません さて ここにキャレットと呼ばれる縦棒が 点滅していますので ここから文字を入力していきます キーボードの Caps Lock キーを 押したまま すべて大文字になった状態で 「 CREMA 」改行して 「 DENTAL 」と入力してみましょう 選択ツールに持ち替えます 今 行送りと呼ばれる行と行の間の 距離が長いので非常に広がってしまっています これを数値を縮めます 58位にしておいてください 1行目と2行目を近づけた状態で 今回は使いたいと思います ズームツールで拡大します 今1行目と2行目が長さが違って見えますので 「 CREMA 」のほうを 少しだけ広げて 「 DENTAL 」を少し 縮めることによって 1行目と2行目の長さが同じ位に見えるように 調整してみましょう 文字ツールを使って 広げたい文字と文字の間をクリックします 次に メニューバーの 「ウィンドウ」から「書式」 そして「文字」のパネルを開いて 作業の邪魔にならない場所に移動をしてから カーニングの項目の数値を下げていきます この1つ1つの文字のカーニングをする前に 選択ツールを使って すべての文字を選んだ状態で まず最初に文字間のカーニングを「自動」に してしまうと作業が早いかもしれません ここを自動にするとフォントが持っている 字詰めの情報を先に使って 多少詰めることができます その後に 手作業で文字ツールを使って 詰めたい場所 広げたい場所に クリックをした後に カーニングの数値を調節していきます バランスが悪くなりすぎないように少しずつ 数値を変えてあげてください 紙にプリントをしてゆっくりと 眺めながら作業をする等 少し時間を取ってやったほうがいい 作業項目かもしれません 今「 CREMA 」を少し広げて 「 DENTAL 」 を少し縮めることで 1行目と2行目の長さを 同じように見えるように変更しています Aの右側が斜めであること それからLの縦棒が 少し凹んでいることを考えて 全く同じ線状に揃わなくても 視覚的に同じ位に見える というふうになるのが理想です では ここでもう文字パネルを 使いませんので しまって 次の作業をします 手のひらツールをダブルクリックして 全体表示に戻します この後 このシンボルマークとロゴタイプの 横幅を揃えたいと思います ズームツールで少し拡大をして 定規が表示されている方は この定規を使ってください 定規が表示されていない方は メニューバーの「表示」から「定規」 定規を表示という項目になっていますので そちらを選んで 上と左側の定規が 表示されている状態を作ります この後 定規からドラッグして ガイドラインを出してください この足の左側の部分と 右側の部分にガイドラインが来るように してみます そして このガイドラインに 横幅が合って見えるように 縮小していきます キーボードの Shift キーを 押しながら縮小することで 縦横比率をキープしたまま縮小をしていきます この右側の足 A Lが それぞれ直線ではなく 斜めでしたり でこぼこしたりしていますので 同じに見えるように ガイドライン上に整えるというよりは 見たときになるべく同じ線状にある というように調節をしていってください この状態でカーニングがまだ必要であれば もう少し作業を行っていきます 手のひらツールをダブルクリックして 全体表示に戻します ひとまずこれで横幅を揃えられましたので 少し上下を整えて 縦組みのロゴマークが完成しましたので 次は横組みを作成したいと思います このセットを選んで キーボードの Option キーまたは Alt キーを 押しながら複製します 今度は「 CREMA DENTAL 」を 1行にしたいので 文字ツールでDの左側をクリックして Delete キーを押すことで 1行にします さらに Space キーを1回押して 1文字離します 単語と単語の間を1文字離します そして シンボルマークのほうを 文字とバランスが良くなるように 縮小してください ズームツールで拡大して バランスを見ていきます 必要であれば ロゴタイプの上と下にガイドラインを引いて これにバランスが合うように シンボルマークを拡大縮小します ここでは 右側の手と足が 大体文字の高さと合うように 揃えてみます 手のひらツールをダブルクリックして 全体表示に戻します メニューバーの「表示」から「ガイド」 「ガイドを隠す」にしておきましょう このように 縦組みと横組みの ロゴマークを作成しておくと 色々異なる用途に利用することが可能です このように縦組みと横組みの ロゴマークを両方作っておくと スペースの関係で色々なパターンで ロゴマークを使いたい時に どちらか適切な方を選んで 利用することができます また 場合によっては モノクロのバージョンですとか 背景に色が来る時のバージョンですとか 色々バリエーションを 作成しておくことも必要になるでしょう ここまでの作業でシンボルマークと ロゴタイプを組み合わせた ロゴマークのセットを縦組みと横組みの 2パターンで作成してみました

Illustratorでロゴマークをデザインする

このコースでは印刷用途でもWeb用途でも需要の多い「ロゴマーク」のデザインについて、その基本的な考え方や多様な制作テクニックを解説します。紙に描いたアイディアスケッチをIllustratorドキュメントに配置してトレースする手法や、頭に浮かんだアイディアを実現するためのオブジェクトを扱うテクニックなどさまざまなヒントやTIPSを紹介します。

3時間17分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。