初めてのMaya キャラクターセットアップ

下半身のスケルトンの制作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンでは、まず体のジョイントのベースとなる足から腰までの下半身のジョイントを作っていきます。片側だけ作りミラージョイントツールで反対側に複製します。

講師:
06:51

字幕

このレッスンではキャラクターの 下半身にジョイントを入れて キャラクターのセットアップを始めます まず初めにすべてのジオメトリを レイヤーに入れましょう すべてのジオメトリをまず選びまして 「レイヤー」> 「選択項目からレイヤーを作成」を選びます 名前を Layer_Geo としましょう これで空白のスイッチの部分 これを2回押してRにします すると選べなくなります このトップとサイドとフロントビュー これはX線を使ってください X線の視点です それからキャラクターの ワイヤーフレームが見たい場合 「ワイヤーフレーム付きシェード」 というのがありまして これを使うと この3つエッジループが入っているエリア そこに丁度ジョイントを 入れられるので便利です まず腰から足先に向けて ジョイントを作っていきます 「アニメーション」のメニューセットにして 「スケルトン」>「ジョイントツール」 選びます 初めにサイドビューから始めます サイドビューの腰の辺り この辺ですね この辺から始めます まず1個 そして膝の方まで来て 2個目 真ん中ぐらいで大丈夫です この辺ですね そして3つ目は この踵のエリア ここですね ここにして 4つ目はここです 5つ目がつま先 一通り書き終わりましたら Enter キーまたは Return キーを押します このジョイントが少し大きいので これを小さくするには 「ディスプレイ」>「アニメーション」> 「ジョイントサイズ」というのがあります ここに行って「ジョイント表示スケール」を 0.7 こういう感じです 次にフロントビューに行きまして 移動ツールに変えて これですね これを使って スケルトンの階層の一番上から このように動かしていきます まず初めに この辺に持っていきます ちなみにこれをしている時は できるだけ回転やスケールはせずに このように移動ツールだけで ジョイントを動かしましょう こういう感じです これでうまいこと体の中に ジョイントが入りました ジョイントを作った場合 すぐ名前を付けたほうが良いです 一番上は koshi と名付けます その次のジョイント ここですね ここは hiza そして この次のジョイント これを ashikubi その次のジョイント これは maebumi と言います そして一番最後のジョイント tsumasaki です たくさんジョイントができてしまうので 作ったらすぐ名前を入れた方が懸命です そして koshi を選んで 「修正」>「階層名にプリフィックスは不可」 というのを選んで プリフィックスというのは 名前の前に 自分で文字を打てること なのですけれど すべての koshi の階層の下は 同じ文字が前に来ます ですのでこれは キャラクターの左側の足なので L Left の L ですね _ を入れて「OK」を押します すると「アウトライナ」を 見るとわかりますけど L の koshi の下は 全部 L _hiza L_ashikubi L-maebumi L_tsumasaki というふうに 階層全部に L が付きます 次はジョイントのミラーツール というのを使って このジョイントを反対側に作ります この koshi L_koshi から選んで 「スケルトン」>「ジョイントのミラー」 これですね そしてこの「ミラー平面」というのは この axis になります この軸ですね これは Y と Z になります Y と Z ですね ですので「ミラー平面」を「YZ」にします 「ミラー」を押しますとこのように 反対側に全く同じジョイントが作られます 「アウトライナ」で見ると こういう感じです 問題はこっち側も L という 名前になっているので これを R に変えましょう L_koshi1 というのが こちら側なのですけど これを選んで 「修正」>「名前を検索して置換」 というのがありますので これを選んで「検索する文字列」 これは L_ ですね 「置換後の文字列」 これは R_ です そして「階層」を選びます これで置き換えるとすべての L_koshi から L_hiza 全部 R に変わります この 1 はダブルクリックして 1つずつ消していってもいいですし そのままにしておいても 別に問題はないです このようにして下半身のジョイントは 完成しました これが基本的なジョイントの書き方ですけれど まず1つのビューで書いていって そしてもう1つのビューで直していく というのが基本的なやり方です というわけで 下半身のジョイントの チェーンが完成しました

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。