初めてのMaya キャラクターセットアップ

腕のジョイントの制作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは腕のジョイントをフロントビューから見て作っていきます。あとでIKハンドルをいれるため、上のビューからもみて、少し曲げておきましょう。
講師:
03:00

字幕

このレッスンでは腕のジョイントの作り方 について説明します まずフロントビューで始めます フロントビューのこの腕の部分に カメラを持ってきて このキャラクターの左腕から始めます まず 「スケルトン」> 「ジョイントツール」を選び そして一回目の左マウスクリックを この sebone03 の上でやります これでまず一回 こうすることによって次に開くジョイントが この sebone03 の子供になります 次はこの辺の上の鎖骨の部分をクリックします 三つめはこのエッジ・ループが三つありますが これの真ん中 ここが肩になります これを押して― 次は Shift キーを押しながら右に ここにエッジ・ループ三つありますが ここに一つ これが肘になります そして手首 エッジ・ループが三つあるので 真ん中に開けます Return キーまたは Enter キーを押して このように終わります 少しこの肩のジョイントを 移動ツールで上にあげます するとこの手首のジョイントが 丁度ここに来るので これでオッケーです 名前を書いておきましょう まずこれが sebone03 ですが この sebone03 から一番初めにできた― このジョイントを sakotsu といいます 次はこの肩です kata と名づけます その次はこれ 肘です hiji 最後は手首です tekubi と名づけます そして次にトップビュー 上からのビューを見ます いまジョイントはこういう風になっていますが この sakotsu を少し前に出して これぐらいですかね 次にこの hiji を少しだけ後ろにします そして tekubi をちゃんとした手首の 真ん中の位置に持っていきます こういう傾斜をつけることによって後で IK ハンドルツールを使う時に このようにもうすでに曲がっているので IK ハンドルツールを使って ジョイントを曲げるときに 丁度うまくこの肘から内側に向かって 曲がってくれます 後でこの手を作ってから 手首とつなげて 反対側にミラーしますので 今のところ この腕自体はミラーしません ということでこれが腕のジョイントの作り方でした

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。