初めてのMaya キャラクターセットアップ

手のジョイントの制作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
手はかなり複雑ですが、後のアニメーションの事を考えるとしっかり作っておくべきです。このレッスンでは効率よく手と腕のジョイントを作っていきましょう。最後に手や腕のジョイントをミラーして、体全体のジョイントの完成です。
講師:
07:12

字幕

このレッスンでは 手のジョイントの作り方について解説します まずトップビューで 描いていってるんですけども このジョイントがあまりにも大きいので 「ディスプレイ」「アニメーション」 「ジョイントサイズ」に行きまして ジョイントサイズを 0.2 程度に下げます これで指のジョイントも見やすくなります 続いて「スケルトン」 「ジョイントツール」に行きまして 一発目は手首 このジョイントを クリックすることによって これから作るジョイントが この手首のジョイントの子供になります 1つ目はここです そしてこれから5個 ジョイントを描いていきます まず初めに この辺りですね この一番初めの指の関節になるところ 2つ目 3つ目がここで 4つ目がここで 5つ目が指先です ここにエッジループが3つずつ 関節ごとに描いてあるので この真ん中に入れるのが正しいです return キーを押すと これが小指の関節ですね 次にまた「スケルトン」 「ジョイントツール」に行きまして 手首 ここですね そしてここがまず1つ ここが2つ目 3つ目 指先となります もう一度ジョイントツールで 手首から そして― この辺りで1つ そして次 次… 指先となります 最後に親指なんですけども 親指は手首から始めて 4つぐらいで大丈夫です ここにまず1つ そして2つ目 3つ目 そして指先です こうなります 名前をつけないといけないんですけど ちょっと面倒くさくなってしまうので これですね このジョイント1を選んで 小指なんですけども 「修正」「階層面にプリフィックスを付加」 というのがありますので それをこのように「小指」と入れてあげると 小指ジョイント1になります そしてこのジョイント1というのを また「名前を検索して置換」に変えまして この「ジョイント」というワードを ゼロにします 置き換えます すると「小指01」「小指02」「小指03」 「小指04」「小指05」と変わってきます 同じくこれも 「階層面にプリフィクス」で 「中指」 これで中指になりました 次はこの「名前を検索して置換」の ジョイントをゼロに変えます 置き換えます そしてここも 「階層面にプリフィクス」 これは「人差し指」です そして「名前を検索して置換」 ジョイントをゼロで置き換えます ここ親指ですね 親指も同じように 「階層面にプリフィクスを付加」で 「親指」 「親」で大丈夫ですね そして次に 「名前を検索して置換」の ジョイントをゼロに これで大体 ユニークな名前と どの指かどうかが分かるようになったので 大丈夫だとしましょう そしてフロントビューでちゃんと見て 全体的にちゃんとカーブが できているかどうか見ます これがちょっと上じゃないとダメです ですので3つのジョイントを選んで 少し上に持ってきます これぐらいですね あとは指ごとに 大体 大丈夫なんですけども この先になる程 少し下に 持っていかないとダメなんです こういう感じのですかね 一番指先が特に こういう感じにならないと そしてこれはオッケーで キーボードの下のボタンを押して だんだん先に行きます ここまでは大丈夫なんですけど 指先がちょっと曲がっているので 指先がちゃんと入るように ここまで大丈夫で ここからちょっと下に こういう感じですね あと親指は特になんか… このジョイントがもっと下にないといけません あとは大体 大丈夫です すでにここまできちんとできているので 親指はこれでオッケーとしましょう ここまで出来ましたら鎖骨の部分から 手の先まで ジョイントが完成しましたので この鎖骨を選んだ状態で「修正」 「階層面にプリフィクスを付加」を選んで 左側なのでレフトの L 下線を入れます これですね L と下線 オッケーにして そして次に 「スケルトン」 「ジョイントのミラー」をします また同じように Y と Z の 足と同じですね 足と同じで Y と Z の 軸に沿って反対側にミラーします ミラーをしますと反対側に出来ました 次はまたこの「修正」 「名前を検索して置換」を選びまして こっち側の右腕の鎖骨が選ばれているのを ちゃんと見てから L の下線を R の下線に変えます そして置き換えをしますと こちらが全部― 右側の腕だということが分かります ちょっとポリゴンのこの表示を消しまして こういう感じでスケルトンの― 作り方はこんな感じです この後また色々とやらないと キャラクターのリグとしては 機能しないんですけれども一応… 基本的なキャラクターのスケルトンの書き方は こういう風になっています 以上 手のジョイントの描き方と これが完成したジョイントの状態です

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。