初めてのMaya キャラクターセットアップ

首のコントロールリグ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは首のコントロールを作り、腰のコントロールの子供にします。こうする事によって腰を動かした時に首が追随します。
講師:
02:30

字幕

このレッスンでは 首のコントロールリグについて解説します この「作成」 「NURBS プリミティブ」「円」で NURBS の円を作ります そしてポイントスナップツールをオンにして これでこのネック 01 という このジョイントにスナップします 次にこの円動かしたので トランスフォームが動いてしまったので これをまず「修正」 「トランスフォームのフリーズ」をかけて このように全て 0 と 1 に なるようにします そしてこの円ですけども この円で このジョイントですね これです kubi01 のジョイントの回転を コントロールします まずコントロールとなるこの円を選びます 円を選んで 次にこの sebone3 の上にある この kubi01 を このPCの場合はコントロール ctrl キー マックの場合は ⌘ キーを押しながら 選びます 先にコントロールする仕掛けるオブジェクト これですね コントロールする方のオブジェクト コントロールされる方のオブジェクトが 2回目です そして「コンストレント」の「方向」 オプションボックスに行って この「オフセットの保持」が チェックされているのを確かめてください そして「追加」を押します するとこの nurbsCircle1 これ名前を KUBI と変えます この大文字で KUBI にします これのローテーションをすることによって このジョイント 01 首のローテーションが可能になります 次にこの KUBI を KOSHI の子供にします まず KUBI を選んで 次に KOSHI を選んで 「修正」>「ペアレント化」 これによって KUBI が KOSHI の子供になります この子供になったことによって この首も色が黄色に変わりました これでこの首もこの腰に追随するようになって このように一緒に動くようになります 以上これが首の コントロールリグの作り方でした

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。