初めてのMaya キャラクターセットアップ

カーブとコンストレイントでキャラクターのリグを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではカーブのオブジェクトで出来たコントロール用のオブジェクト・とコンストレイントを使ってキャラクターをコントロールするリグを作ってみましょう。

講師:
03:42

字幕

このレッスンでは 1つ1つに分かれた コントロールリグを1つにまとめて 動かすリグについて解説します 今のところ リグは脚 膝 肩等に 分かれていますが 全部一緒に動かすとなると大変なので これを一度に動かせる 最終的なメインとなるリグを 作りたいと思います 「作成」>「 NURBS プリミティブ」 >「円」を選びまして この辺から一番大きい円を描いてください グリッドスナップして ちょうど真ん中に スナップするようにしてください 名前を「 RIG 」とします そして「オーバーライド有効化」 この「アトリビュートエディタ」にいって 色を黄色にしてください そしてすべてのリグのコントロールが これの子供になるようにします 「 Geometry 」と 「 Root_koshi 」を選ばないで リグのコントロール全体を選んで 最後に Shift キーを押しながら この一番下のリグを選びます そして「編集」>「ペアレント化」しますと キャラクターをどこかへ動かしたい場合は これをこう動かして 持っていきます ローテーションもできます アニメーションを始める時に 一番始めに キャラクターがいないといけない位置は このリグというこれによって そのロケーションに持っていけば いいということです あと このリグを完璧にするには この縦横のリグの場合 これもスケールとか可視性要らないので 同じようにまず消したいアトリビュートを 左マウスで選んで その上で右マウスをクリック 「選択項目のロック」をして 「選択項目の非表示」を選んで 移動と回転だけ見えるようにして このアームの腕の ik fk のリグのほう これもスケールや可視性要りません ですので 隠すようにしてください 移動もキーフレームはしませんので ジョイントによって使われているので これはロックしないで ただ単に非表示にしてください こっちもロックしまして非表示 こちらは単に非表示 することによって回転のXYZ XYZだけのキーフレームが できるようになります このようにしてアニメーションにするべきもの 肘の向きの極ベクトル等は はっきり言って移動しか使わないので 他のものは全部ロックして 消してもらって大丈夫です アニメーションしていくと分かりますが どのアトリビュートを どのコントロールで使うのかというのが それによって 綺麗にすることによって 動かした時に S キーを押すだけで キーフレームができるので とても楽になります 以上 これがキャラクターの リグのセットアップでした

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。