初めてのMaya キャラクターセットアップ

スムーズバインドツールについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

このレッスンではキャラクターのモデルをジョイントでディフォームさせるスムースバインドツールの使い方の詳細を解説します。

講師:
05:30

字幕

このレッスンでは スムーズバインドツールについて解説します スムーズバインドツールというのは 何をするかと言いますと このジョイントと このジオメトリ 体をくっつけます バインドさせるという言葉を使いますが バインドというのは ジョイントがディフォーマーとなって この表面のスキンと言いますが ジオメトリを変形させて 動かせるようにするということです では このスムーズバインドツールを 使ってみましょう まず始めに「 Root_koshi 」を 選びまして 次に「 Geometry 」選んでください そして次に「スキン」> 「スムーズバインド」 これですね オプションボックスにいってください この「スムーズバインドオプション」ですが 「バインド対象」に「ジョイント階層」と 「選択したジョイント」「オブジェクト階層」 というのがありまして ジョイントした階層というのは この階層全体を使うということです もしこのジョイントしか使っていないとしても 「ジョイント階層」を選んだ場合は このジョイントの階層全体が バインドする対象になります 「選択したジョイント」は 選択されたジョイントだけでバインドします ここを選んだ場合 このジョイントだけでバインドします 「オブジェクト階層」は ロケータや他のオブジェクトを使って バインドできる方法です ここは「ジョイント階層」にしておきましょう 「バインド方法」ですが 「最短距離」と「階層内の最近接」 という2つ有力なのがありまして 「最短距離」というのは ジョイントから一番近い距離の場所が 頂点がそこからバインドの ウェイトと言いますが それを受け取るということです この辺のポイントだと このジョイントが一番近いので この辺からウェイトを受け取って 一緒に動くということです 「階層内の最近接」にしますと ジョイントの階層も一緒に見て 例えば脚がもっと近い場合 ここのポイントはここのジョイントにも ここのジョイントにも近いことがあるので その場合は「最短距離」の場合は ここのポイントがこっちから ウェイトを得る可能性もあります それは良くないので 「階層内の最近接」だと このジョイントは 階層内ではかなり遠いところ にあるということで 一番近いジョイントから遠いので バインドされないということです これも使い易いバインド方法です 「スキニング方法」 「クラッシックリニア」これは昔から 前にある方法でこれに しておけば間違いないです 「ウェイトを正規化」というのがありまして これは正規化しますと ウェイトが0から1までの ウェイトを持つことになります 1つの頂点に0から1までのウェイトを それぞれのジョイントに 分配するということです 例えば このジョイントが半分だけ このポイントのウェイトを持っている場合 0.5 になります また 例えば このポイントが このジョイントを 100% 持っている場合 ウェイトは1となります そういうのを「ウェイトを正規化」と言います これもそのままにしておいてください 「最大インフルエンス数」 というのがありますが これは 例えばこの頂点が ウェイトを受け取るのは 何個のジョイント 何個のインフルエンス 影響を受けるかというのが 「最大インフルエンス数」です 普通は5になっているはずですが 5でもいいんですが このキャラクター そんなに 難しいキャラクターではないので 3くらいにしておきます 後はそのままでも大丈夫です 「スキンのバインド」を押してください するとこのように色が変わりまして こうやってみると ジョイントの色も変わっています この色に従ってスキンも色が変わっていて この「スキンウェイトペイントツール」 にいって こうやって見ますと 今は色が見えないというふうになっていますが このように色分けされます 今のところルートジョイントの あたりが見えていますが ペイントツール見たら分かりますが このようにジョイントの色分けが 表示されています これが簡単な概要ですが これでこのキャラクターとジョイントは 一緒に動くようになりまして 例えば ここを選びまして 脚のコントロールのオブジェクトを 選びまして 動かしますと このように脚とキャラクターが一緒に動きます この部分とか脚のふくらはぎの裏の部分とか 見たら分かりますが あまりうまく変形していないので 直す必要があります この直し方を後のレッスンで見ていきましょう 以上これが スムーズバインドツールについての解説でした

初めてのMaya キャラクターセットアップ

このコースではMayaを使用したキャラクターセットアップの基礎となる知識が学べます。二足歩行のキャラクターを使いながらスケルトンメニューのツール群を習得し、体の部位に分けてコントロールの元となるジョイントをモデルの中に入れ、最終的にはスキンメニューのスムースバインドツールで一体化させ、アニメーションが潤滑に行くようにセットアップします。

1時間42分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。