はじめる!WordPress入門

WordPressの移行

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPressを別のサーバーに移行するための手順を解説します。
講師:
08:53

字幕

このレッスンでは WordPress を 別のサーバーに移行する 方法を学習します。 WordPress を移行するステップは 次の通りです。 1. インストールしたWordPress ファイルを すべてダウンロード 2. データーベースのバックアップ 3. wo-config.php の編集 4. バックアップした データベースファイルの編集 5. 新しいサーバーにダウンロードした WordPress ファイルをアップロード 6. データベースの復元 です。 それでは1から順番に見ていきましょう。 エディターを開きます。 FTP ソフトを使用して インストールする時に、 アップロードしたこれらのファイルすべてを パソコンにダウンロードします。 次にデータべースのバックアップを行います。 データベースをバックアップする方法は 使用しているサーバーによって 異なりますので、 サーバーの管理者やレンタルサーバーの 会社などに問い合わせてみて下さい。 一般的なレンタルサーバーでは、 phpMyAdmin という ブラウザーからデータベースを操作する アプリケーションが提供されています。 ここでは phpMyAdmin を使って データベースのバックアップを行います。 phpMyAdmin の画面に 移動します。 phpMyAdmin にログインしたら、 左のメニューから バックアップするデータベースを選択します。 「エクスポート」をクリックします。 エクスポートの欄から、 必要な WordPress が 作成したテーブルを選択します。 もし WordPress しか 使用していないデータベースであれば、 「すべて選択」をクリックします。 エクスポートする形式は SQL を選択します。 「構造」の欄には 上の4つにチェックを入れます。 「データ」の欄は すべてのチェックを外します。 「ファイルに保存する」をチェックして 圧縮形式を選びます。 最後に「実行する」をクリックして、 データベースのバックアップファイルを ダウンロードします。 次に wp-config.php を編集します。 エディターに移動します。 ダウンロードした wp-config.php を開きます。 wp-config.php には、 インストールした WordPress の サーバーに関する情報が 記述されています。 新しく WordPress をインストールする データベース情報で この欄を書き換えて下さい。 もし新しくインストールするサーバーの ドメインや WordPress のパスが 異なる場合には、 先程ダウンロードした データベースのバックアップ情報に 含まれている サーバーの URL を置換する 必要があります。 その場合にはデータベースファイルの 編集を行います。 ダウンロードした SQL ファイルを エディターで開きます。 SQL ファイルをエディターで開きました。 SQL ファイルの中には 様々な箇所に既存のサイトの URL が入力されています。 新しいサーバ-で URL が変わる場合には、 この部分をすべて検索・置換して下さい。 以上で移行のための準備は 完了です。 準備が出来たら、新しいサーバーの WordPress をインストールしたい場所に バックアップした WordPress ファイルを すべてアップロードします。 アップロードが完了したら、 最後に データベースの復元を行います。 新しいサーバーの phpMyAdmin にアクセスします。 phpMyAdmin の画面を 開きます。 WordPress をインストールしたい 新しいデータベースを選択した状態で 「インポート」をクリックします。 「ファイルを選択」から 先程編集した SQL ファイルを選択します。 インポートするファイルの形式は SQL を選択します。 選択ができたら「実行する」をクリックして 新しいデータベースに WordPress の情報をインポートします。 データベースごと移行することで、 投稿した記事や画像だけでなく サイトの設定や作成したユーザー情報など すべての情報を移行することができます。 phpMyAdmin が使用できない場合や 単純に記事やカテゴリーや 画像だけを移行できれば良い という場合には、 管理画面の「エクスポート」と 「インポート」を使って 記事を移行することも可能です。 管理画面を開きます。 「ツール」>「エクスポート」 をクリックします。 すべてのコンテンツにチェックを入れて 「エクスポートファイルをダウンロード」 をクリックすれば、 投稿や固定ページ、コメントなど 管理画面から投稿したデータを エクスポートすることができます。 この場合にも、投稿に含まれる 画像の URL やリンクの URL は 今インストールしているサイトの 絶対パスが入力されていますので、 新しい WordPress が 別のドメインで使用される場合には テキストエディターなどで URL の置換を行います。 エクスポートが完了したら、 新しいサーバーの WordPress の管理画面から 「ツール」>「インポート」 をクリックします。 WordPress をクリックします。 インポートには WordPress の プラグインが必要です。 プラグインがインストール されていない場合には 最初にプラグインのインストール画面が 表示されますので、 画面の指示に従って プラグインをインストールし 有効化して下さい。 プラグインの有効化ができたら インポート画面には 「ファイルを選択」が表示されますので、 先程エクスポートしたファイルを選択して ファイルをアップデートして インポートを行えば、投稿やカテゴリー 固定ページの情報が 新しい管理画面にインポートされます。 次にアップロードした 画像の移行を行います。 エディターに移動します。 アップデートした画像は wp-contents フォルダ内に 保存されています。 画像のアップロードを行うと、 wp-contents フォルダ内に uploads というフォルダが作成され この中に画像がアップロードされますので、 uploads フォルダごとダウンロードして、 新しいサイトの wp-contents フォルダ内に アップロードして下さい。 このレッスンでは WordPress の移行には、 データベースごと移行する方法と 記事や画像をエクスポートして 移行する方法があることを学習しました。

はじめる!WordPress入門

ブログ作成ツールやCMSとしてもっともポピュラーなWordPressを使えば、ブログだけでなく一般的なサイトでも簡単に無料で作ることができます。このコースでは初めての方を対象にWordPressをインストールから実際のサイト構築まで丁寧に解説していきます。

7時間01分 (89 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。